« 宗教復興と世俗的近代 | トップページ | 国際政治事典 »

2005年9月24日 (土)

後記: 9/23 ドキュメンタリー映画会議

先にお知らせさせていただいていた「 ドキュメンタリー映画会議 」、昨日(23日) 参加してまいりました。

会議自体は 本日(24日)までつづくのですが、残念ながら 僕は 生活の糧である塾のアルバイトがどうしても抜けられないため 欠席せざるをえません。。。今日もきっと盛り上がることと思いますが、とりあえず 昨日の会議についてご報告します。

    • 観客は30名ぐらいしか集まらないんじゃないか、、、
    • 現代インドのことをやったって いつもは それぐらいが関の山だもの、、、
    • お客さんが集まらなかったら、困っちゃうねぇ、、、

などと 本番前 僕らは危惧していたのですが、 ふたを開けてみれば 大盛況!! 150名入りの部屋が満杯で、追加の席も急きょ用意されるほどでした。 (ご来場の皆さま> 心よりお礼申しあげます)

会議後の懇親会で、主催者のおひとりで 僕と一緒にコメンテータをなさった 石田勇治先生(東京大学大学院総合文化研究科)とお話をしていました。

「近藤さん、なんでこんなに人が来たんだろうねぇ。映画上映があったからかなぁ・・・? それとも、現代インドの暴力っていうテーマのおかげかなぁ・・・?」

「石田先生、間違いなく 前者ですよ。 現代インドのことで 人が入りッこありません から・・・」

なんて会話をしていたのでした。 監督のゴーパール・メノンさん も お客さんがたくさんなうえ、質問やコメントがとても本質的だった、と 喜んでおられました。

さて、、、

僕は コメンテータとして参加させていただいたのですが、なんと言いますか、、、上手にコメントできなくて、本当に困りました。普段は ペラペラペラペラ 口ばっかり達者な僕なわけですが、

  • コメント時間が10分
  • 人文社会科学、暴力研究の専門家じゃない方が大勢いた
  • 南アジア研究の専門家じゃない方がほとんどだった
  • 通訳の方が通訳しやすいように すっきりした日本語でしゃべりたい と願っていた

そして何よりも、、、

  • メノン監督の映画が突きつけた迫力の前に、 頭でっかちで 偉そうなこと をしゃべるのがはばかられた

という事情があったのでした。

「それでも なんとか、もうちょっとマシなコメントはできなかったのか、お前は・・・!!」

と帰りの電車のなかでは 反省しきり。 

「あれも言えばよかった、これも言えばよかった、、、あんな風に言えばよかった、こんな風に言えばよかった、、、」

いつものことではありますが、自分のふがいなさにガックリするばかりでした。

それでも、 僕のなかでの収穫 は 大きく分けてふたつありました。

  • 南アジアのことを 広く知ってもらえた。映画は大評判(とくに 二本目の「ヘー・ラーム」が好評)
  • 暴力の問題について、調査研究をおこなう動機を 新たにしてもらった

本日の会議も どうぞ盛況でありますように。

« 宗教復興と世俗的近代 | トップページ | 国際政治事典 »

02A 南アジア研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/6091223

この記事へのトラックバック一覧です: 後記: 9/23 ドキュメンタリー映画会議:

« 宗教復興と世俗的近代 | トップページ | 国際政治事典 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ