« 国際政治事典 | トップページ | 実践的理想主義者 »

2005年9月24日 (土)

映画: マザー・テレサ

この前の月曜(19日)、映画「 マザー・テレサ 」をみてきました。

以下 率直な感想です ( ネタバレ 、、、あるかもしれません。ご注意!!)

映画としての出来は 残念ながら さほどよくはありませんでした。同じ伝記映画としては、アッテンボローの「 ガンディー 」とか、スピルバーグの「 シンドラーのリスト 」の方が 映画としては 数段上のものだったと言えましょう。

お金がなかったのか、インドの街や人の描き方も ちょっと物足りなかった。インドに何年間も通っている僕などからすると、 インドらしいインドではないなぁ、、、と思うのでした。 なんちゃってインド、、、っていうのかなぁ、、、

ただし、 オリビア・ハッセー の演技は よかった。真剣にとりくんでいる感、マザーを尊敬している感が すごくよく伝わってきました。 ハッセーの眼が 印象に残りました。 マザーの尋常ではない 意志の強さ

  • 霊感と召命を受けた者の意志の強さ
  • そして そういう人の生涯に与えらえた苦難
  • その「奇跡的な」解決

これが この映画のテーマだったわけですが、そうした意志そのものを ハッセーは 眼で演じていた と思いました。

さて、、、

以上が 映画 「マザー・テレサ」 への評なわけですが、 これとは別に、この映画をみて、 マザー・テレサという歴史的人物そのものへの評価についても いろいろと考えさせられました。 ここが本当に むすかしいところです。

映画をみた晩、たまたまSさんと食事をご一緒する約束がありました。半ば冗談めかして 半ば真剣に 「原理主義者」 を 自称する彼に 話題をふりました。

「えぇ~~っと、Sさん、、、今日 「マザー・テレサ」 みてきたんですよ。 やっぱり Sさんは マザー・テレサ ってのは ちょっと アレですよね」

「あの方は 異端ですから、あの方が列聖されたら、僕はカトリックやめます」

列聖 」とは ヴァチカンが正式に聖者であると認可することです。マザーは現在 「 列福 」 つまり、「福者」としては認められています。 もちろん 聖者の方が ランクは格段に上です。 聖者っていう認定は、カトリック教会では きわめて重大なことです。

なるほどねぇ、、、 そうなんだよねぇ、、、 宗教学者としては、ここで立場をはっきりするべきなのかもしれませんが、 僕には そうできませんでした。 僕はマザー・テレサが好きです。 人として 好きです。 ああいう人がもっとたくさんいたらいいのに、、、僕も なれるものなら あんな風になりたかったのに、、、と思います。 しかし、カトリックの修道女としての彼女を 僕はまだ うまく評価できないのです。 カトリックとして生き、カトリックに人生のすべてかけ、カトリックを己の人生そのものとしている、、、そのような人の目に映るマザー・テレサ、、、これは 外部者である僕が 何かを言えるようなものではありません。

あぁ、この点は こんな走り書きで論じるべきではありませんね。 お気軽お手軽には 賞賛も 軽蔑もしない、、、そんな微妙な立場をつらぬかねばならない、 と言うだけに ここではとどめておきます。

« 国際政治事典 | トップページ | 実践的理想主義者 »

01A 宗教学」カテゴリの記事

02A 南アジア研究」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コンドウさん。こんばんわ!一寸遅くなりましたが、ブログ開設おめでとうございます。

<<you wrote>>
僕はマザー・テレサが好きです。 人として好きです。 ああいう人がもっとたくさんいたらいいのに、、、僕も なれるものならあんな風になりたかったのに、、と思います。
<<you wrote>>

確かに、コンドウさんのお気持ち、皮膚感覚として、よーくわかります。確かに、マザーのご事跡は、「慈善」という枠で括りようのないほど、スゴイもの、賞賛・崇敬に値するものです。これは僕もそうだと思います。しかし、僕の立場からするとやはり彼女は「聖人」(キリスト教信仰の規範となる人物類型)ではあり得ないのです。むしろ、「菩薩」なのでしょうね・・・

これはどうも・・・先ほどお電話をいただいたSさんですね?!

コメント ありがとうございます。開いたばかりのブログ、こうしてコトバを寄せていただけますと、本当にうれしいです。

さて、
私たちの会話を 勝手に ブログなんかに公開しちゃって、、、すいません ぜひ どうしても皆さんにも考えてみていただきたかったことなので、書いてしまいましたが、、、 アレでしたかねぇ、、、 ご迷惑がかからないように書いたつもりではありますが、 問題があれば 率直にお聞かせください。

マザー評価は、本当にむずかしい と思うのです。おそらくは、宗教学者の試金石といってもいいような問い と言えましょう。万教同根論がこれまでの宗教学の隠された規範だったわけですが、いったい それで宗教のなにが分かるというのか、、、僕らは ちゃんと考えてみないといけない、と思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/6064808

この記事へのトラックバック一覧です: 映画: マザー・テレサ:

» 『マザー・テレサ』を観て来ました! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
2005年9月10日 マザー・テレサ MOTHER TERESA 真実のドラマが あなたの心を涙で揺さぶる。 監督 ■ファブリッツィオ・コスタ 出演 ■オリビア・ハッセー 『ロミオとジュリエット』 ■セバスティアーノ・ソマ 『Un Caso di coscienza』 ■ラウラ・モランテ 『ダンス・オブ・テロリスト』 ■ミハエル・メンドル 『ヒトラー 最期の12日間』 ■イングリッド・ルビオ ■エミリー・ハミルトン 2003... [続きを読む]

« 国際政治事典 | トップページ | 実践的理想主義者 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ