« インド情報を知るなら | トップページ | 信仰と宗教的動機 »

2005年11月25日 (金)

人の心のパワー

前便 「資源動員というパースペクティヴ」 より つづく

====================

前便 で 資源動員論についてカサノヴァが述べていることに触れた。 その続報である。

資源動員論の限界を指摘したあと、カサノヴァが議論をすすめるのは、社会運動(とくに成功した運動)のオーガナイザーたちの「 動機 」についてである。

「動機」というのはつまり、「 やる気 」である。 人の心のパワー である。 特定の運動が成功する場合、そのリーダーとなるべきオーガナイザーが どれだけ「 やる気 」をもって、どれだけ「 本気 」で 運動の拡大を志しているか が大事だ という見方である。 カサノヴァの言葉では 「 決意そのもの 」、「 精神と心の変化 」と書いてある(邦訳 189、190頁)。 表現はともあれ、オーガナイザーの「 やる気 」の量と質は、資源動員論では説明できないというわけだ。

実際にカサノヴァが取り組むのは、モラル・マジョリティのジェリー・ファウエル の精神史を簡単にたどってみせることだ。

分離主義的で、自足的、 その意味で「狂信的」だったファウエルらの「根本主義」のセクトが、1970年代半ばに 政治、教育、法律などの公的事象に積極的に参与しようとする立場へと 「回心」したのだという。 そして、その内的転換こそが、「プロテスタント根本主義」の公的台頭の契機となった、と カサノヴァはどうやら言いたいらしい。

資源動員論について 明確な立場が示されているおかげで、 上記のような「回心」論は  なかなか説得的 なしあがりになっている。

【メモ】

後便 「信仰と宗教的動機」 ご覧くださいませ

« インド情報を知るなら | トップページ | 信仰と宗教的動機 »

01A 宗教学」カテゴリの記事

01B 宗教政治学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/7305932

この記事へのトラックバック一覧です: 人の心のパワー:

« インド情報を知るなら | トップページ | 信仰と宗教的動機 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ