« 国際政治事典 今度こそ | トップページ | 心霊写真 »

2005年12月18日 (日)

ごまかされたい人々

いつもお世話になっている粟津先生のブログに、なんとも深くうなずくエントリがあった (→ こちら )。 靖国参拝は 「心の問題」 だとする 小泉の強弁 に対する批判である。

僕がなにも言い加えることはない。 ただもう、粟津先生にハゲシクドーイである。

一言だけ、先生も当然お分かりのことを言い添えるなら、 「ごまかし政治」は ごまかされたい人々 がいるからこそ 成り立つのだ、ということ。

ポピュリズムがどんなに隆盛になろうとも、エリート批判をエリートが口にするのがどんなに当たり前になろうとも、 言うべきことは言わねばならない。 高圧的になりたくはないし、衝突が好きなわけでもないけれど、やっぱり そういうことは必要なのだ、と思う。

<メモ>

粟津先生> 遅々のレスで どうもすいません。

« 国際政治事典 今度こそ | トップページ | 心霊写真 »

01B 宗教政治学」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

いつもトラックバックなどありがとうございます。なかなか時間がとれずにレスできなく、すみません。
それから「先生」はやめてください。

了解でございます。 粟津「さん」とさせていただきます。 これからもどうぞ宜しくお願いします、粟津さん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/7681238

この記事へのトラックバック一覧です: ごまかされたい人々:

« 国際政治事典 今度こそ | トップページ | 心霊写真 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ