« 体験と理屈 | トップページ | 交通信号の倫理 »

2005年12月29日 (木)

現代の説話

今日は バイト先の塾が休み。 二ヶ月ぶりぐらいで 美容室にいった。

待合所で 『 女性セブン 』 を読む。 楳図かずお先生 の 『 おろち 』 第1話 「 姉妹 」  が載っていてビックリ。 「名作コミックリバイバル」 と銘打たれている。

女性週刊誌にオカルト、占い系の記事が多いのは よく知られたことだが、まさか楳図先生でくるとは。 どういった経緯でこうなったのか、編集部にインタヴューしたいぐらいだ。

ところで、、、 久々に ( 小学生のとき以来? ) この作品を読んで、楳図作品は 現代の説話 なのだなぁ、と思った。 時代や場所などの舞台設定も描かれず、人物の内面語りもされないまま 次々と展開していくお話し。 これはやはり説話だ。

<メモ>

楳図作品で ぼくが一番すきなのは 『神の左手 悪魔の右手』です。(→ こちら @アマゾン

« 体験と理屈 | トップページ | 交通信号の倫理 »

01A 宗教学」カテゴリの記事

01C 宗教と世俗のあいだ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/7893537

この記事へのトラックバック一覧です: 現代の説話:

« 体験と理屈 | トップページ | 交通信号の倫理 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ