« 宗教復興とグローカル化 (2) | トップページ | ヴェド・メータ 『 ガンディーと使徒たち 』 »

2006年6月17日 (土)

ヤマとヤミーの対話

こちらのエントリ で紹介した 辻直四朗インド文明の曙 (101-2頁) より・・・

リグ・ヴェーダの対話讃歌 のひとつ。 オモシロ。翻訳も秀逸。七五調。

[ 注: ルビは一部を省略、他を括弧内に示した。ママの括弧もある。漢数字はアラビア数字に変えた ]

「 ヤマ 」 とはもちろん 閻魔大王のことである。 (→ こちらこちら 参照 )

======

ヤマとヤミーの対話 ( 10・10 )

ヤマは死者の王、死の道の開拓者。本篇は双生児ヤマ ( 語義は 「 双生児 」 ) とヤミー ( その女性形 ) との対話に託し、人間の繁殖の起原に触れつつ、詩人は不倫のそしりを避けて結末をあいまいにしている。

1 ( ヤミー ) 遙けく遠き海越えて、去りし友 ( ヤマ ) をも動かして、友の務めにいざなわん。地界の末を思いつつ、賢き者は父のため、孫生み育て残すべし。

2 ( ヤマ ) 友の務めといいながら、同じ血筋のはらからが、妹背 ( いもせ ) 契るはなが友の 許さぬ願い、おそろしの アスラの子ら ( ヴァルナ神の配下 ) は勇ましく、天を支えて地を見張る。

3 ( ヤミー ) この世に人は汝 ( な ) れ独り、跡目望むはわれのみか、神の心もまた同じ。かたくな捨てて 汝が心、われになびけて背の君の 深き契りを結べかし。

4 ( ヤマ ) かつてためしのなきことを、いかでか今に許すべき。おもてにまこと語りつつ、かげにひがごと囁くや。 われらが父はガンダルヴァ、水の乙女を母とする、これぞこよなきわが由緒。

 ヤマの父は普通ヴィヴァスヴァットとされる。水の乙女は、半神族ガンダルヴァの配偶たる水精アプサラスを指す。

5 ( ヤミー ) われらが胎 ( はら ) にあるうちに、すでに夫婦 ( みようと ) と定めしは、あらゆる形造りなし、生気をこむるトゥヴァシュトリ ( ヤマの母サラニウーの父 ) 。誰が違 ( たが ) わんその掟、神も許せし妹背仲、天さえ地さえ知るものを。

6 ( ヤマ ) この世の始め誰か知る、誰が見たりし、今ここに誰か告げ得んその秘密。ミトラ、ヴァルナの神の則 ( のり ) 、気高く浄く世をしるを。みだらの妹よ、 神の子を 言葉たくみにいつわるや。

 第2詩節に見えるアスラの子ら。

7 ( ヤミー ) ヤマにこがるるこのヤミー、つもる思いを添伏 ( そいぶし ) の、なさけの床に契りなん。心も身をもまかせては、廻る車の輪のごとく、仲むつまじくたわむれん。

8 ( ヤマ ) 神のめつけは束の間も、休むことなく見めぐりて、眼 ( まなこ ) を閉ずるひまもなし。みだらの妹よ、われをおき、あだし男にいいよりて、廻る車の輪のごとく、仲むつまじくたわむれよ。

9 ( ヤミー ) 夜と昼との分かちなく、恋しきヤマにかしずかん。くまなく照らす日の神の眼もしばしくらまさん。見よ天地 ( あまつち ) も妹背仲、ヤマの恥じらう契りさえ、いとわず堪えんこのヤミー。

10 ( ヤマ ) 聞くもうたてきはらからの 恥ずべき契りいとわざる 末世もいつかめぐりこん。汝れが腕 ( かいな ) に牡牛なす 男 ( お ) の子抱きしめわれをおき、あだし男と契れ、妹。

11 ( ヤミー ) 弱き乙女をいたわらず、情を知らぬ兄やある。女子 ( おなご ) の務めゆるがせに、血筋ほろぼず妹やある。乱れ心も恋ゆえに、くどく言の葉ききわけて、妹背の契り結べかし。

12 ( ヤマ ) 妹背の契り結ぶまじ。おのが妹 ( いもと ) を妻とせば、われあしざまにそしられん。恋のうま酒われをおき、あだし男とくみかわせ、兄はかなえじ汝が願い。

13 ( ヤミー ) 心おくれしヤマあわれ、汝れが心の深なさけ、求めて得ねばままよまま。馬の腹帯、蔓草 ( つるぐさ ) の、木にまくごとくあだしめが、汝れのからだを抱きしめん。

14 ( ヤマ ) 離れじものと蔓草の、木にまくごとく汝が寄れば、あだし男は汝れを抱く。おくるなさけの露しげみ、かえすも同じ深なさけ、たのしき妹背契れかし。

======

以上です。 オモシロですよねぇ・・・

« 宗教復興とグローカル化 (2) | トップページ | ヴェド・メータ 『 ガンディーと使徒たち 』 »

01A 宗教学」カテゴリの記事

02A 南アジア研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/10535808

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマとヤミーの対話:

« 宗教復興とグローカル化 (2) | トップページ | ヴェド・メータ 『 ガンディーと使徒たち 』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ