« 宗教復興とグローカル化 (4) | トップページ | 宗教復興とグローカル化 (6) »

2006年7月 1日 (土)

宗教復興とグローカル化 (5)

前便は こちら

======

インドにおけるナショナルなものの強大なるプレゼンスと、その再活性化 ( 具体的には、ヒンドゥー・ナショナリズムの台頭 ) を、グローバル化という文脈のなかで整合的に読みきろうとする ―― そうした立論自体が、間違っていた

解けない問題を 勝手に立てていた。

3+2=6 これはなぜか? みたいな立論だった。

これが 私が I 先生のおかげで 新たに獲得した立場である。

では、あらためて、、、

グローバル ・ ナショナル ・ ローカル という図式をもとに、「 ナショナル 」 なものを グローカル化 ( グローバルなものとローカルなものの直接的結合と活性化 ) の撹乱要因、阻害要因ととらえる――

ここでのミソはおそらく、ナショナルとローカルをはっきり分けてしまうこと である。 こうすることで、グッと見通しがよくなる。僕の見方では、「 情報化 」 と 「 ネットワーク化 」 という、グローカル化の真に新しい段階が、これによって、より理解しやすくなる。

こうした立場から得られる見通しを、より仔細に検討してみよう。

先に言い訳させてもらいます。

以下の検討は、専門家でもなければ、ちゃんと勉強もしていない者が記した 単なる備忘録、よくてせいぜい 初期作業仮説 であるからして、 チャンチャラオカシイ という突っ込みは、もぉなんというか・・・ 無し!! でお願いします。

僕は、僕のなかにある グローバル化論に関するトラウマ を払拭したいがために、思索のこうした途中段階を吐露しております。 これは、自己心理療法なのです。

とまぁ 言い訳はこれぐらいにして、、、

======

<以下 次便>

« 宗教復興とグローカル化 (4) | トップページ | 宗教復興とグローカル化 (6) »

01A 宗教学」カテゴリの記事

01B 宗教政治学」カテゴリの記事

02A 南アジア研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/10722134

この記事へのトラックバック一覧です: 宗教復興とグローカル化 (5):

« 宗教復興とグローカル化 (4) | トップページ | 宗教復興とグローカル化 (6) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ