« 古代的なもの | トップページ | 鈴木みのる »

2009年4月17日 (金)

現代の悪

『解明 M・セールの世界』 から もうひとつ引用をば。

現代における悪、、、というものを 感得したのは、僕の場合、南アジアのいわゆる「開発問題」を勉強するようになってからだ。

まさに「現代的な」(!)悪のあり方があるなぁ、、、 と思っていた。

それを哲学的に コトバにしてくれているので、ひざを打ったのでした。

悪、憎しみ、あるいは暴力は、あらゆる対象を手に入れていますが、主体が欠けています。雨や雹や雷は万人の上に落ちてきますが、一本の腕が槍を握っているわけでもなければ、電気回路を操作しているというわけでもない。能動的悪は非人称動詞のように活用するのです。雨が降る (il pleut)、凍る (il gèle)、雷が鳴る (il tonne) というように。 287-88頁

要するに、みんなであり、だれでもないのです。揺れ動き、途絶えることのない雲からは、すべての人の頭上に、どんな人の頭の上にも、区別なしに被害が降り注ぎます。すると残っているのは、悪の問題をひとまとめにして問うということなのです。 288頁

ただし、ここだけの引用だと、ちょっとセールの本意があらわせていないように思う。

前後数ページを読む必要がある。

« 古代的なもの | トップページ | 鈴木みのる »

02A 南アジア研究」カテゴリの記事

03A 思索」カテゴリの記事

03C 開発と開発学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/44696477

この記事へのトラックバック一覧です: 現代の悪:

« 古代的なもの | トップページ | 鈴木みのる »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ