« スリランカの現状 | トップページ | 中沢新一の唯物論 (2/2) »

2009年5月14日 (木)

ガウリ・ヴィシュワナータン氏 講演会

お知らせです

ガウリ・ヴィシュワナータン (Gauri Viswanathan) 氏の講演会があります

「魔術的数学と近代性: S・ラーマーヌジャンの教育を編纂する」

関西の方で シンポなどをやられるのは知っていたが (下記メモ参照)

関東には来ないのかなぁ、、、 と思っていたところでした

嬉しいです。 ぜひ参加させていただこうかと

以下、 南アジアML "SAAF" より転載です

====================

ガウリ・ヴィシュワナータン (Gauri Viswanathan) 氏  講演会

日時: 2009年5月26日(火) 18:00~20:30

会場: 東京大学駒場キャンパス 18号館4階コラボレーション・ルーム1

(地図 http://www.c.u-tokyo.ac.jp/access/index.html

講演タイトル:

Gauri Viswanathan (Columbia University)

"Magical Mathematics and Modernity: The Editing of S. Ramanujan's Education"

司会: 本橋哲也、 粟屋利江

ディスカッサント: 小林英里、 井坂理穂

ガウリ・ヴィシュワナータン(Gauri Viswanathan)氏:

コロンビア大学の英文学・比較文学学科の教授。 専門は、 教育、 宗教、 文化、 19世紀のイギリスや植民地のカルチュラルスタディーズ、 近代諸学の歴史など。 主著に、 Masks of Conquest: Literary Study and British Rule in India (Columbia University Press, 1989); Outside the Fold: Conversion, Modernity, and Belief(Princeton University Press,1998) がある。 イギリスのインドにおける植民地支配を、 英文学や改宗問題などの新たな視点から分析した研究は、 幅広い分野の研究者に参照されている。 今回の講演では、 植民地期にイギリス人数学者によって 「発見」 された著名なインド人数学者ラーマヌジャンを題材としながら、 植民地支配と教育の問題が論じられる予定である。

====================

【メモ】

2009年5月22日(金) 17:00~19:00 

「オカルトの伝達: 文学的モダニズムにおけるポスト宗教時代の宗教」 

("Occult Transmissions: Religion after Religion in Literary Modernism") 

*講演は英語で行われます 

講師:ガウリ・ヴィシュワナータン(コロンビア大学) 

於京都大学人文科学研究所、本 館四階大会議室(4階) → 

« スリランカの現状 | トップページ | 中沢新一の唯物論 (2/2) »

00A お知らせ」カテゴリの記事

02A 南アジア研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/44999312

この記事へのトラックバック一覧です: ガウリ・ヴィシュワナータン氏 講演会:

« スリランカの現状 | トップページ | 中沢新一の唯物論 (2/2) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ