« そのぬくもりに用がある | トップページ | 【ビブリオ】 人文科学入門 »

2009年6月10日 (水)

イギリス思想とインド

研究会を主催してみたいと思っている

南アジア地域研究でも、 宗教学でも やられていない

ひとつの大事な事柄は、 《神秘のインド》 という表象の確立と発展

その歴史をつづってみることだ、 と思うからだ

このことを考えるとき、 遅くとも18世紀から 話をはじめなくてはいけない

後々のことを考えるなら、 まずはイギリスだ

(意外と、 ここがやられていない!)

この時期について、 社会思想・政治思想・経済思想の分野では

とにかく たくさんのイギリス人が登場する

そのあたりをちゃんと勉強しておきたいと思うのだ

==========

ということで、 色々と 情報を集めております

その中で、 安川隆司先生 のお名前に行き当たった

という二つの論文を見つけた

直接に 《神秘のインド》 ということではないけれど

とても勉強になった

<メモ>

関連エントリは こちら ↓

« そのぬくもりに用がある | トップページ | 【ビブリオ】 人文科学入門 »

01A 宗教学」カテゴリの記事

02A 南アジア研究」カテゴリの記事

02B 《神秘のインド》 という表象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/45282362

この記事へのトラックバック一覧です: イギリス思想とインド:

« そのぬくもりに用がある | トップページ | 【ビブリオ】 人文科学入門 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ