« ホブソン 『帝国主義論』 | トップページ | 宗教報道の昭和史 (2/2) »

2009年6月13日 (土)

佐々井秀嶺師

<講演会のお知らせ>

来週木曜、 龍谷大学にて 佐々井秀嶺師 の講演会が あるそうです

(大変ご高名な師の来歴と業績については 下記をご覧ください)

仕事がなければ、 ぜひとも行きたいところです  残念

====================

以下、 南アジア系ML "SAAF" より転載です

====================

龍谷大学現代インド研究拠点プロジェクトからのお知らせ

このたび、 龍谷大学現代インド研究拠点プロジェクトは、 来る6月18日に、 B.R.アンベードカルの遺志を受け継ぎ、 現在インド仏教界の重鎮として仏教改宗運動などを精力的に行われているインド僧の佐々井秀嶺師をお招きしての講演会を開催いたします。

佐々井秀嶺師 講演会 講演題目:

「現代インドの仏教 ―人間解放を目指して―」

日時: 6月18日(木) 15時~16時半
会場: 龍谷大学大宮学舎 清和館3階ホール
主催: 龍谷大学現代インド研究拠点プロジェクト/龍谷学会
協賛: 龍谷大学仏教学科・史学科  龍谷大学仏教文化研究所  龍谷大学人権問題研究委員会

講演者の紹介:

佐々井秀嶺師は1967年に32才でインドに入り、 その後42年間、 今世紀半ば仏教をインドに復興させた不可触民の父=B.R.アンベードカルの遺志を受け継ぎ、 その運動を継承発展させ牽引してこられた方です。

被差別の民の導師としてブッダを甦らせ差別と闘うその歩みはまさに想像を絶すると思われます。

ではインド僧として、 またインド仏教会の重鎮として、 仏教改宗運動、 大菩提寺奪還運動、 寺院建立、 学校・病院の開設、 果樹園や薬草園の経営、 仏教遺跡の発掘など、 その働きはインド政府も認めるところとなり、 多くの人々の圧倒的な信頼を得ています。

このたび、 高齢 (73才) もあって最初 (で最後) の里帰りをされ 、 これまで支持して下さった方々へのお礼とインド仏教遺跡の発掘や復興運動へのさらなる支援を呼びかけるために2ヶ月かけて全国を廻っておられます。

体調があまりすぐれないなか、 最後の日程として龍谷大学での講演をお引き受けくださった、 という事情もお伝えしておきます。

参考文献:

山際素男著 『破天』 光文社新書, 2008年

ご関心のある方は何卒ご参加下さいますようにお願い申し上げます。

また、 本講演会につきまして、 ご存知より各方面へもご案内頂ければ幸いに存じます。

お問い合わせ先:

龍谷大学現代インド研究拠点準備室RA 中西宏晃
龍谷大学大宮学舎: 075-343-3311 (代表) 現代インド拠点準備室: 5888(内線)

====================

« ホブソン 『帝国主義論』 | トップページ | 宗教報道の昭和史 (2/2) »

00A お知らせ」カテゴリの記事

02A 南アジア研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/45330297

この記事へのトラックバック一覧です: 佐々井秀嶺師:

« ホブソン 『帝国主義論』 | トップページ | 宗教報道の昭和史 (2/2) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ