« マルチカルチュラリズム総括 | トップページ | 【〆きり三日前】 南アジア研究集会 »

2009年6月27日 (土)

ケインズ 『インドの通貨と金融』

<読む本>

こちらのエントリホブソン 『帝国主義論』 を読むぞと宣言しましたが

もう一冊

  • ケインズ 『インドの通貨と金融』 (原 1913年)

これも 読んでみようと思い立ちました

仕事が詰まっていて いつ読めるのか わからないのですが がんばる!

【メモ】 

"KEIO UNIVERSITY SFC GLOBAL CAMPUS" 内の
「現代思想 第6回 『インドの通貨と金融』 ケインズ」 の頁も参照

http://gc.sfc.keio.ac.jp/class/2003_14449/slides/06/index_1.html

« マルチカルチュラリズム総括 | トップページ | 【〆きり三日前】 南アジア研究集会 »

02A 南アジア研究」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/45289620

この記事へのトラックバック一覧です: ケインズ 『インドの通貨と金融』:

» 実務家ケインズ 3/3~経済学者としての一面 [投資一族のブログ]
貨幣経済学 マネタリーな経済学 『雇用、利子および貨幣の一般理論』という表題がいみじくも示唆しているように『一般理論』、ひいてはいわゆる「ケインズ経済学」は、すぐれて貨幣的(マネタリー)な経済学という性格を持っている。マネタリーという言い方は多義的で曖昧ではあるが、ここではとりあえず、理論体系全体の中で貨幣が圧倒的ないし本質的な重要性を賦与されているという程の意味で用いることとしたい。そして、このようなマネタリーの経済学の形成にはほかならぬ実務家としてのケインズの経歴が深く関わっているように思われる... [続きを読む]

« マルチカルチュラリズム総括 | トップページ | 【〆きり三日前】 南アジア研究集会 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ