« アニメの殿堂と母子加算 | トップページ | 【研究会】 アーリアとゾロアスター »

2009年7月 8日 (水)

「狂い」の構造

<読む本>

《狂気/クルヒ》 は 宗教学では必須の主題だ

これを考えるとき、 僕はこれまで 町田宗鳳先生 の著作を参照してきた

それはとても重要な作品群だと 今でも確信しているが

町田先生のおっしゃる 「狂気」 は、 ちょっとハゲシスギル ・・・

修行僧や神秘家、 芸術家や狂人のごとき

狂気の突出現象というよりも、、、

もっと日常のすぐ隣にあって、 ズルリと顔を出すような

アレ?と気づくと顔のすぐそばにやって来ているような

そんな 《クルヒ》 のあり様を 上手に語ってくれる本はないかな・・・

という関心から、 次の本を試してみようと思う

  • 春日武彦・平山夢明 『「狂い」 の構造: 人はいかにして狂っていくのか?』 (扶桑社, 扶桑社新書, 2007年8月)

さて、 どのような本か・・・

【メモ】 本務校の書誌情報

<図書館目白> ID番号 = *2341322  請求記号 = /493.7/Kas//

« アニメの殿堂と母子加算 | トップページ | 【研究会】 アーリアとゾロアスター »

01A 宗教学」カテゴリの記事

01C 宗教と世俗のあいだ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/45554569

この記事へのトラックバック一覧です: 「狂い」の構造:

« アニメの殿堂と母子加算 | トップページ | 【研究会】 アーリアとゾロアスター »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ