« 近代精神 | トップページ | 宗教政党 (1/7) »

2009年8月11日 (火)

一新塾

AERA 2009.8.10 号 (19-22頁) に 一新塾 の記事があった

「一新塾」 の政治家輩出力

煽り文には こうある

政権選択の夏 若手首長、 国会議員、 地方議員も続々誕生

東京・芝の柵渠ビルの小さな一室から、 続々と新しい政治家が生まれている。

そこは仕事帰りの 「草奔の士」 たちが集う一新塾という。

4頁の記事は そこそこ大きなあつかいだ

ライターと写真として 「編集部 大鹿靖明  写真 家老芳美」 とある

さて、、、

上の煽り文は、 一新塾の趣旨を意図的に、確信犯的に 無視したものだ

なぜなら、 創設者・大前研一さん の語りが カコミになっていて

そこに こう書かれているからだ

カコミのタイトルはズバリ!

「目的は市民の 『底上げ』。 政治家養成の場ではない」

である

一新塾は、 もともと 「平成維新の会」 が土台なんだよ。 そこで思ったのは、 自律してものごとを考えることができる 「啓発された市民」 の層が日本は薄いということです。 だから政治家や官僚に丸投げして任せきりになってしまう。 そこで、 僕らは市民の 「底上げ」 を狙って、 政策を作れるような市民を育てようという思いで、 一新塾を始めたわけです

[中略]

だから、 あくまでもここは政治家養成の場ではありません。 ここを出ても何かの資格を得られるわけではないし、 御利益があるわけでもない。 もちろん政治家になるハウツーw提供するわけでもない。 「ここに来れば政治家になれます」 なんて宣伝したら、 瞬く間に堕落しちゃうよ

[中略]

僕はこうやって一新塾がマスコミに注目されるべきではないと思っているんだ。 マスコミに取り上げてもらえば、 マーケティングができて塾生が集まると思うと、 堕落が始まる。 ここに来れば政治家になれると錯覚する人もやってくる

一新塾の事務局には 「アエラの取材を最後に、 もうマスコミとは付き合うな」 「御利益があると思われるな」 と言っているんだ

平成維新の会の失敗の一つは、 お祭り好きな政治ゴロが集まって、 組織をぐしゃぐしゃにしたこと。 だから御利益目当てに下心のある人に来てほしくないんだ。 一新塾に御利益なんてないんだから

本文より、 同様の箇所

「ここに来る塾生は人生の転機として道を探りたいという人が多いんです。 将来政治家を目指したいという人は塾生の約2割にすぎません」

と、 事務局長の森嶋伸夫 (45) は言った。 したがって進路も、 政治家は少数で、 会社やNPO、 市民団体をおこすケースのほうが圧倒的に多い

22頁

結局、 一新塾とはどのような場なのか――

最終段落で、 ライターの大鹿さんはこう書く

本気の思いをみんなが尊重してくれる。 まぜっ返したり、 冷笑されたりすることはない。 そんな純粋な志がそこにはある。 門をたたき、 ここを去る人たちが日本を少しずつ変えていく。 それはまるで幕末に有為の人士が多数輩出した大阪・船場の適塾のようである

22頁: ルビは省略

このとおりであってほしい! ありつづけてほしい!

あの野武士のような塾生、 OB/OGたちに 心よりの敬意をこめて!

【メモ】

  • 「一新塾」 で Google! →
  • 「平成維新の会」 で Google! →
  • 「適塾」 で Google! →

« 近代精神 | トップページ | 宗教政党 (1/7) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/45847876

この記事へのトラックバック一覧です: 一新塾:

« 近代精神 | トップページ | 宗教政党 (1/7) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ