« ヒンドゥー教概念の誕生 | トップページ | 専門知と公共性 »

2009年8月 4日 (火)

不安の種

先日 「無意味なものと不気味なもの」 というエントリ を書いた

《無意味なものと不気味なもの》、 あるいは 《非日常的なものと異様なもの》

こうしたものは 現代日本の日常にあふれかえっている――

そのことに注意をうながしたエントリだった

この領域は 現代宗教学にとって とても重要なわけだけど

この関心から

「宗教学の方法」 という授業 を受けている学生さんが

中山昌亮さん の 『不安の種』 という漫画を紹介してくれたのが

僕の目をひいた

何冊か出ているようなので、 とりあえず

  • 『不安の種 フタの章 1』 (秋田書店, 2004年)

をば 買って 読んでみた

とても面白かった

学生さんが紹介してくれたのは 「#29 箪笥」 という回で

どの冊に載っているのかわからないのだけれど、 ともあれ

かなり漠然とした 「不安」 とか 「日常のなかの異物」 みたいなものが描かれていた

そういうものを予期して、 上記第1巻を読んだが

こっちのほうは、 もう少し ベタな幽霊話 (ゴースト・ストーリー) だった

『新耳袋』 とかなり近いテイストだなぁ、 と思った

予期とは違ったが、 とても面白かった

ちゃんと ゾッとした・・・

ちなみに、 僕が一番気に入ったのは 「#23 雨の日」

また、 異物性と不安ということであれば、 「#25 散歩」 がそれにあたる

ホラー漫画は 最近よくあるけれど、 そして この手のものもよくあるけれど

必ずしも 『不安の種』 のような イヤァ~な雰囲気 を醸しだせていない

画力もあるし、 コマ割りもあるし、 しかし何よりも

これはもぉ 作者と編集者のセンスだろう、、、 と思った

« ヒンドゥー教概念の誕生 | トップページ | 専門知と公共性 »

00B 授業」カテゴリの記事

01C 宗教と世俗のあいだ」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/45775546

この記事へのトラックバック一覧です: 不安の種:

« ヒンドゥー教概念の誕生 | トップページ | 専門知と公共性 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ