« 宗教と科学 | トップページ | 不安の種 »

2009年8月 3日 (月)

ヒンドゥー教概念の誕生

「ヒンドゥー教」 という日本語

Hinduism という (および それに相応する) 欧米諸語の概念の 直訳 である

Hinduism などの欧州諸語が、 では インド亜大陸現地語の翻訳 かというと・・・

そうではない

これは、 欧州人が与えた 他称 である

インドの地 (ヒンドゥスターン) における観念=制度複合を

外部者である欧州人が観察して 「自分たちとは違うぞ」 ということで

さらに、 欧州の自己理解の一環として

Hinduism などの欧州諸語ができあがってきたわけだ

しかし! である

インドの地 (ヒンドゥスターン) における観念=制度複合を目にした外部者――

これはなにも 欧州人 (とくにヴァスコ・ダ・ガマ以降の) だけではない

何よりも かつてはイスラームの人々が そうした外部者であった

ということで・・・

こちらのエントリ でご紹介した 青木健さん の著作から引用である

  • 青木健 『アーリア人』 (講談社選書メチエ, 講談社, 2009年5月)

10世紀、 「中央アジアでイスラームに改宗したテュルク系遊牧民」 が

インド亜大陸に 「進出」 してきた

彼らは 「現地人を十把一絡げにしか見ず」 「権力者として振るまった」

ガズナ朝のインド侵入を、 青木さんは言っておられるのだろう

そして、 このときに、 おそらく初めて 「ヒンドゥー諸教」 (複数形) という概念が生まれた。 近世ペルシア語文献で、 「イスラーム教徒たちの真理 (Haqiqat-e Ahl-e Islam)」 に対比して 「インド人たちの諸信仰 ('Aqa'ed-e Hendvan)」 と語られる宗教である。 近世ペルシア語文献の分析に従うなら、 この中に仏陀の教え、 サーンキヤの教え、 ヨーガの教えなどが含まれ、 全体としてユダヤ教、 キリスト教、 イスラームなどと並称される 「ヒンドゥー諸教」 を構成している

241頁

« 宗教と科学 | トップページ | 不安の種 »

01A 宗教学」カテゴリの記事

02A 南アジア研究」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/45740190

この記事へのトラックバック一覧です: ヒンドゥー教概念の誕生:

« 宗教と科学 | トップページ | 不安の種 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ