« 不可触民差別とヒンドゥー教からの脱出 | トップページ | 【お知らせ】 JAM THE WORLD »

2009年10月26日 (月)

奇跡の脳

本務校の 「現代女性とキャリア連携専攻」 の仕事で

学生さんにお薦めの一冊を! というのがあった

僕はもう 迷うことなく

  • ジル・ボルト・テイラー 『奇跡の脳』 (竹内薫訳, 新潮社, 2009年2月)

を選んだ

今年のマイ・ベストの一冊。 原著まで買ってしまった

僕の書いた短評は こんな風です

たくさんのことが一つの物語として結晶化した、 見事な一冊。 脳卒中で左脳だけが停止してしまったジルは、 どんな世界を体験し、 またどのようにそこから帰還したのでしょうか。 女性性、 キャリア、 家族愛、 友情、 病気、 介護、 さらには脳科学、 至福体験、 哲学、 宗教まで、 《人間存在》 についての深い思索へと、 私たちをすんなり導いてくれます。 翻訳もとても行き届いていて、 読みやすいですよ。

« 不可触民差別とヒンドゥー教からの脱出 | トップページ | 【お知らせ】 JAM THE WORLD »

00B 授業」カテゴリの記事

01A 宗教学」カテゴリの記事

03A 思索」カテゴリの記事

03B 生命倫理・医療倫理」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/46455647

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡の脳:

« 不可触民差別とヒンドゥー教からの脱出 | トップページ | 【お知らせ】 JAM THE WORLD »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ