« 【番組】 映画の中の宗教文化 | トップページ | Buddhi Prakash Panchang »

2009年11月18日 (水)

統一教会の犯罪認定

久しぶりの 「連載 宗教学こぼれ話」 への投稿です

前の連続エントリもまだ 完結していないというのに (汗)

====================

ある授業で いわゆる 「カルト」 の話をしている

いろいろ説明し終わったら 学生さんが一言

なるほど 「カルト」 って 詐欺商法とかもやるんですね

これには ちょっとアセッた

いやいやいや それこそが 中心的な問題のひとつなんだよ

授業内で配布した資料では

  • オウム
  • マンソン・ファミリー
  • 聖神中央教会

などがとり上げられていて、 説明もそちらに偏りがちなせいだろう

殺人、 傷害、 ドラッグ、 人権侵害、 性的暴行・・・ などに

どうしても注意がむかってしまって

おそらくは 件数的には格段に多いであろう 金銭被害、 および

それに伴う 家庭内・親族間の問題が どうもうまく

印象づけられなかったようだ

このテーマの講義は さまざまな気遣いが必要で難しいなぁ、 と

ひとしきり 反省

====================

ということで・・・

誰もが知っていたのに 十分には断罪されてこなかった 「霊感商法」!

統一教会主導の詐欺商法に はじめて懲役刑が出された

という、 きわめて重大なニュースを紹介します

正確には 詐欺罪はまだ適用されたことがありません・・・

法律用語ではなく 日常用語の 「サギ」 です

「それって サギじゃん」 の 「サギ」 です

紹介は あえて 日本共産党機関紙 『赤旗』 より

これはもちろん、 統一教会と同党が

(最近は いろんな動きがあるのかもしれませんが)

対立というのをはるかに超えた、 怨讐といってもいいほどの関係

にあるからです

下に記事を切り貼りしておきます

その他の媒体での報道は こちらを参照してください

なお、 『赤旗』 は 「統一協会」 と書きますが

教団側は 「統一教会」 と書きます

正式名称が 「世界基督教統一神霊協会」 で

「協会」 なわけですが、 「教会」 なんかじゃない

こんなの 「協会」 だよ、 という批判側と

私たち立派な 「教会」 です、 という協会側――

つばぜり合いがあるわけですね

====================

そして二番目に テレビでもおなじみの 紀藤正樹弁護士

そのブログ記事も 紹介しておきます

impact  警察によるさらなる徹底捜査を希望する!「統一教会はなぜ霊感商法との関わりを否定する!」

紀藤さんは 「全国霊感商法対策弁護士連絡会」

主要メンバーのお一人でもあります

====================

<以下、 『赤旗』 からの記事転載につづく>

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-11-11/2009111115_01_1.html

2009年11月11日 (水) 「しんぶん赤旗」

霊感商法 初の懲役刑

統一協会の犯罪認定

東京地裁 「高度な組織性」

 統一協会の霊感商法を裁く 「新世」 事件の判決公判が10日、 東京地裁であり、 秋葉康弘裁判長は印鑑販売 「新世」 社長の田中尚樹被告に対し、 特定商取引法違反 (威迫・困惑) で懲役2年 (執行猶予4年)、 罰金300万円 (求刑は懲役2年、罰金500万円) を言い渡しました。 裁判長は被告らと統一協会の関係を認定し、 「高度な組織性が認められ、 犯情は極めて悪い」 と述べました。 霊感商法の関係者が、 同法違反で懲役刑を受けるのは初めてです。

 このほか、 「新世」 取締役の古沢潤一郎被告には懲役1年6月 (執行猶予4年)、 罰金200万円 (求刑は懲役1年6月、 罰金300万円)、 有限会社 「新世」 には罰金800万円 (同1000万円) を言い渡しました。

 判決によると、 被告らは、 姓名判断を装って通行人を誘い込み、 「先祖が人を殺しており、 その因縁がふりかかっている」 「因縁を払うには印鑑を変えること」 などと迫って高額の印鑑を買わせたうえ、 客に口止めまでしていました。

 秋葉裁判長はその手口を 「巧妙で悪質」 と指摘。 これが統一協会の 「信仰と混然一体となっているマニュアル」 をもとに 「統一協会の信者を増やすことをも目的」 として行われたものであり、 「相当高度な組織性が認められる継続的犯行」 だと認定しました。

 被告側弁護士は 「控訴しない」 と述べました。

潮目変える 意義大きい判決

 10日、 東京地裁。 霊感商法の判決言い渡しの間、 統一協会の集団結婚 (合同結婚) メンバーでもある被告弁護人は、 天を仰ぎ額に手をやり、 ぶ然とした表情。 統一協会側はこれまで、 同種の犯罪では略式の罰金刑に応じることで背後関係の追及をかわしてきました。 その壁が突破され、 霊感商法との一体性にまで踏み込まれたのがこの日の判決でした。

 一方、 統一協会の犯罪性を追及してきた全国霊感商法対策弁護士連絡会は、 判決後の記者会見で 「(判決の) 意義は極めて大きい」 との声明を発表。 紀藤正樹弁護士は執行猶予が4年という長さになったことについて、 「再犯の可能性を見たのだろう」 と述べました。

 霊感商法が社会問題化してから30年近く。 紀藤氏は 「(行政、司法が) 放置し続けてきた異常性」 を指摘。 「遅すぎたとはいえ (追及の運動の) 潮目であり 、そうしなければならない」 と述べました。 同時に、 特商法だけの適用では限界があるとして、 詐欺罪適用の必要性を強調しました。

 1987年の結成以来、 全国弁連まとめの被害相談だけで約3万件、 1062億円。 実被害は1兆円を超すとみられている統一協会の犯罪。 いまも正体を隠した伝道・勧誘がつづき、 最近も全国の信者に 「日本に殿堂を建てる」 の名目で1人140万円の献金を指示したといいます。

 紀藤氏らは会見で、 詐欺罪での立件や統一協会本部の立件をめざすと述べるとともに、 文部科学省に対して 「宗教法人法にもとづく調査、 業務停止命令、 解散命令申し立ての権限を行使すべきだ」 と求めました。

====================

« 【番組】 映画の中の宗教文化 | トップページ | Buddhi Prakash Panchang »

00B 授業」カテゴリの記事

01B 宗教政治学」カテゴリの記事

04B 連載 宗教学こぼれ話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/46740510

この記事へのトラックバック一覧です: 統一教会の犯罪認定:

« 【番組】 映画の中の宗教文化 | トップページ | Buddhi Prakash Panchang »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ