« 詩はどこへ行ったのか (1/2) | トップページ | 詩はどこへ行ったのか (2/2) »

2009年12月16日 (水)

神智学とインド国民会議

インド国民会議 (Indian National Congress)

最初の会合は 1885年のことだった

その開催に奔走し プレジデントとして開会宣言をおこなったのが

A・O・ヒューム (1829-1912) だった

====================

で、 以下の本から ちょっとメモ書きです

  • 北原靖明 『インドから見た大英帝国: キプリングを手がかりに』 (昭和堂, 2004年1月)

[ヒュームは] 1849年インド政府の官吏として北西州に勤務した。1870年新設の中央政府租税および農業商務担当長官になり、 シムラやカルカッタに住む。 1879年インド政府の政策についての大胆な発言のゆえか、 リットンにより地方に転出を命じられた。 大反乱当時彼は、 九死に一生を得た恐怖の記憶があった。 以来インド人に対する安全弁が必要、 と考えるようになる。 この頃すでにヒュームは、 インド議会制を思案している。 インド人の政治的教育が、 彼の心を占めていた

99頁 (漢数字はアラビア数字になおした)

さて ここであらためて注目したいのは

そんな彼が 神智学の 「虜になった」 という点だ

引退後のヒュームも、 シムラの定住者だった。 彼は、 シムラでも最高所にあるジャク・ヒルに豪壮な屋敷を構え、 鳥類の剥製を集めていた。 やがてアメリカ人オルコット大佐 (Olcot, H.) やロシア人女性ブラヴァツキー (Blavatsky, H.) が来て、 神智学 (Theosophy) の普及を始める。 ヒュームは、 その虜になった。 ベサント (Besant, A.、 1847-1933) が来て仲間に加わり、 インド女性解放運動に携わるのは、 少し後の90年代のことである

116頁 (アニー・ベサントについては 次便)

====================

《神秘のインド》 への関心と インディアン・ナショナリズム――

神智学と インド国民会議――

この独特の ねじれた接続を確認しておきたい

« 詩はどこへ行ったのか (1/2) | トップページ | 詩はどこへ行ったのか (2/2) »

02B 《神秘のインド》 という表象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/46985644

この記事へのトラックバック一覧です: 神智学とインド国民会議:

« 詩はどこへ行ったのか (1/2) | トップページ | 詩はどこへ行ったのか (2/2) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ