« 【フォーラム】 「事業仕分け報道」 を仕分ける | トップページ | クリスマスの約束 2009 (その3) »

2010年1月16日 (土)

グローバル化 日本の進むべき道は (3/3)

前便 「グローバル化 日本の進むべき道は (2/3)」 より つづく

====================

朝日新聞の新年企画

日本 前へ

1月10日付 第8回

  • グローバル化 日本の進むべき道は

からの引用をやっております

高山博さん (東京大学大学院教授)

内永ゆか子さん (ベルリッツ・インターナショナル最高経営責任者)

との対談

司会は 大野博人さん (「前ヨーロッパ総局長」)です

【宣伝】  朝日新聞、 その他の購読申し込みは こちら から good

本便で 最後となります

====================

 ―― 移民については。

 高山 あえて移民を促すような政策を取る必要はないと思う。 外から多くの人が入ってくるのははっきりしているので、 そこで生じる摩擦や問題をどう処理するかを考える方にエネルギーを集中すべきだ。

 内永 製造業ではコスト低減が大きな課題で、 安い労働力を海外から入れるのが一つの方法にはなる。 一方、 イノベーションの競争になると、 多様な人材の有効活用が必要です。 そのために優秀な外国人を入れたい。 日本企業は外国人を含めた多様な人材をもっと積極的に活用するべきだと思う。

 高山 今の生活水準を維持しようとすれば、 国際競争力のある人材を育成するしかない。 厳しい教育を行い、 質の高い労働力を生み出す。 それが日本の最優先の課題だと思う。

昨今のグローバル化とは まさにこういうことだ

ヒトの移動、 資本の移動 ―― これが どうしようもなく

強い流れとなって 時代を作っていってしまうこと

国境の壁が低くなって 国境の外との競合に

「国民」 一人ひとりが 直接さらされるようになること

若い人たちこそ これに真っ直ぐに対応しないわけにはいかない

日本のため ではなく

自分と自分の家族と友人との人生のため!

クニ (国家) がよく対応してくれるのが

一番手っ取り早い、 効果の高い方策だろう

しかし、 どうも政界の動きが 鈍い

その動きを待っていられない

事態は待ったなし。 どんどん進んでいってしまう

なので、 一人ひとりが 自覚を高めることがまず大事

僕らのような教育者も それを直接後押しできる立場だ

====================

以上 記事の引用紹介を 長々してまいりました

あらためて 宣伝です!

【宣伝】  朝日新聞、 その他の購読申し込みは こちら から good

<おわり>

« 【フォーラム】 「事業仕分け報道」 を仕分ける | トップページ | クリスマスの約束 2009 (その3) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/47259630

この記事へのトラックバック一覧です: グローバル化 日本の進むべき道は (3/3):

« 【フォーラム】 「事業仕分け報道」 を仕分ける | トップページ | クリスマスの約束 2009 (その3) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ