« 日刊インドビジネス | トップページ | 【フォーラム】 「事業仕分け報道」 を仕分ける »

2010年1月15日 (金)

ITアーキテクトの未来への挑戦

デジタル・ネイティヴ論壇の 情報環境に対する評価が

人間と社会と歴史への規定性の画期性に対する

とってもナイーヴな確信表明が、 いったいどこまで

根拠があるのか ないのか

ホントに そこまで根源的な変化が生じているのか否か

その辺りが 1967年生まれの僕にはピンとこない

ということを

などのエントリで述べました

====================

この点について 1971年生まれの情報アーキテクトである

神成淳司さん が語るコトバは

僕にはすんなり入ってくるのです

  • 神成淳司 + 宮台真司 『計算不可能性を設計する: ITアーキテクトの未来への挑戦』 (ウェイツ, 2007年4月)

 ちなみに、 現在、 私自身が念頭に置いているのは、 「コンピュータが、 我々が生活する現実の社会システムの中に、 どこまで浸透し、 あるいは人間と融合していくのか」 というものです。 これは、 「人間がやるべきことや領域とは何であるのか、 それがどのように変化していくのか」 という問いでもあります。

 人間自身の変化、 そして現在のノイマン型コンピュータの限界を見極めつつ、 さまざまな現場の知見・経験を踏まえ、 私なりに展望を描き、 さまざまなシステムを設計構築していく。 あるいは、 さまざまな変化を見守っていきたいのです。

 さらに言えば、 自分自身が設計構築に関与することでさらに知見・経験を重ね、 より精度の高い三年後、 五年後、 一〇年後の像を築いていく。 その像に基づき、 常に新たなシステムの設計構築を進めていく。 それが、 現時点の私の視座なのだと思います。

20頁

この対談本の最初で強調されるような 「現場感覚」 !

市井のフツーの老若男女と

それにより近いところにあるアーキテクチャの現場――

ここから論を立ち上げていただいているので

僕なんかには 得心がいくんだろうなぁ、 と思います

« 日刊インドビジネス | トップページ | 【フォーラム】 「事業仕分け報道」 を仕分ける »

03A 思索」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/47279982

この記事へのトラックバック一覧です: ITアーキテクトの未来への挑戦:

« 日刊インドビジネス | トップページ | 【フォーラム】 「事業仕分け報道」 を仕分ける »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ