« 3D映画 『アバター』 の評価は | トップページ | 空知太神社判決 フォローアップ »

2010年1月25日 (月)

負担免除と自由― 「社会をハッキング」とまで言うなら (1/2)

前便 「感動を生みだすもの、 あるいはヴァナキュラーなもの/不均質なもの/入れ替え不能なもの/計算不能なもの/コミットに値するもの (2/2)」 より つづく

====================

  • 神成淳司 + 宮台真司 『計算不可能性を設計する: ITアーキテクトの未来への挑戦』 (ウェイツ, 2007年4月)

以前のエントリ 「社会をいわば 「ハッキング」」 にて

濱野智史さん が ドエライことを言うわりには

言いっぱなしで終わってしまっているので残念

と 書きました

その辺、 宮台真司先生 の肝っ玉は座っていて

理論武装も十分で、 自分の立場に確信的だ

「社会をハッキングする夢想」 を語るなら

これぐらいの狂気を (褒め言葉です、 念のため)

理論的な命題にまで高めることが求められましょう

私ですか・・・ 私はまったく そのようには

夢語りも断言も とても出来るような次第ではありません

これからソッチ系に傾くのか傾かないのか

それすらも 見えていないというのがホントのところです

====================

ということで

神成、 宮台両氏のやり取りを またも長々と引用させていただきます

神成 ● 人それぞれいろいろな価値観がありますし、 それを信じるのも従うのも自由だとは思います。 ただ、 このような素地が強くなると、 感動が薄れてくる。 感動が薄れたら、 いまの工学離れ、 情報離れの傾向がさらに強まるのかもしれません。

宮台 ● 賛成です。 すべてを万人の手に取り戻した結果、 手間暇かけてもルーティーンな毎日が続くだけ ―― そんなことになりがちです。 やはりゲーレンの 『人間―その本性と世界における人間の地位』 における負担免除の思想だ大切です。 手に取り戻すのではなく、 むしろ多くを預けることでこそ人は自由になります。

 確かにパワーホルダーが 「由らしむべし、 知らしむべからず」 になっては社会的不公正が蔓延します。 しかしそれは政治領域の話。 政治領域の情報公開法と経済領域のオープンソースとを同列には扱えません。 マイクロソフトやグーグルなどの経済プレイヤーによるアーキテクチャのデザインは、 透明化を目指してませんよね。

神成 ● 透明化ではないですね。

宮台 ● ビジネスモデルで競争的に資本を集める経済プレイヤーだからこそ、 大規模な資本投下でエキサイティングで濃密なアーキテクチャを提供できる面があります。 アーキテクチャを透明化したら資本は集まりません。

神成 ● 濃密なアーキテクチャのほうが純粋に楽しいですよね。 グーグルアースなんて、 採算を考えたら気が遠くなりますよ。 グーグルは無料で提供していますが、 オープンソースコミュニティが同じことを実現するのであれば、 「地図は公共の財産だから、 無料で寄贈してくれ」 ということになって、 実現は難しい。

254-6頁

====================

もうすっかり長いエントリになりました

実は 引用はまだまだ続きます

なので、 次便につづきます

<つづく>

« 3D映画 『アバター』 の評価は | トップページ | 空知太神社判決 フォローアップ »

03A 思索」カテゴリの記事

04D 連載 近代とは何か、近代性とは何か」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/47327730

この記事へのトラックバック一覧です: 負担免除と自由― 「社会をハッキング」とまで言うなら (1/2):

« 3D映画 『アバター』 の評価は | トップページ | 空知太神社判決 フォローアップ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ