« 9万アクセス | トップページ | 【セミナー】 中世南インドの宗教運動 »

2010年2月16日 (火)

民主党による 《公明党/創価学会》 包囲網

伊達聖伸さん のブログで 取り上げられていた

民主党内の 「宗教と民主主義研究会」

伊達さんの記事がとても面白かったので

僕も フォロー記事を書くことにしました

伊達さん> どうもです。 お世話になってます

====================

まずは ネット情報を整理しておくことにします

(1)

民主党内のサイトには 言及がない

記者会見もやったようだが、 プレスリリースもないのか…

(2)

本件は 多くのサイト、 ブログで話題になっているようだが

元ネタの多くは 2009年12月3日付け 産経ニュースの報道 である

MSNサイト上で 産経ニュースをチェックする――

日本のネットニュース・チェックの代表的流儀のひとつであるが

その流儀をとる層にとって この記事は 印象深いものだったようだ

時事ドットコムの報道の時刻は、 産経よりやや遅い

(もちろん それは正確な報道時間ではないだろうが)

NIKKEI NET でも報道があった (日付記載なし)

文面から 産経と時事の記事の後追い という印象をうける

その他、 クリスチャン・トゥデイとか  スポニチとか

他にもまだあるかもしれないが、 ザッと見で この五つだ

(3)

ということで、 影響力の大きさでは産経の記事

産経とほぼ同時刻とされる時事ドットコムの記事

この二つがとくに重要のようだ

下に再録させていただきます

それから NIKKEI NET、 クリスチャン・トゥデイ、 スポニチ

この三つも再録させていただきます

むしろ スポニチに 他にない情報が入っていたりします

====================

以下 各ニュースサイトからの引用

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091203/stt0912031808005-n1.htm

ターゲットは公明党・創価学会 民主が宗教と民主主義研究会
2009.12.3 18:04

 民主党は3日、 宗教と政治のかかわりを研究する 「宗教と民主主義研究会」 を設立し、 国会内で初会合を開いた。 公明党とその支持母体である創価学会の関係について実態を把握するのが狙い。 顧問に石井一選対委員長、 会長に池田元久衆院議員、 幹事長に一川保夫参院議員が就任した。

 同研究会はこれまで参院議員を中心に水面下で活動してきた 「民主政治推進PT (プロジェクトチーム)」 を改組したもので、 衆院議員にも参加を呼びかけた。 PTメンバーは約20人だったが、 研究会の初会合には約30人が出席した。

 池田氏は会合後の記者会見で 「公明党、 創価学会の問題が事実上中心になる」 と明言。 その上で 「宗教が政治に介入している疑い、 現象が見られる。 (政教分離を定めた) 憲法20条に反することが行われているのではないか」 と強調した。

 発足にあたっては石井氏が3日、 小沢一郎幹事長と会談し了承を得た。

===========

http://www.jiji.com/jc/zc?k=200912/2009120300824

「政教分離」で研究会=民主

 民主党は3日、 「宗教と民主主義研究会」 (会長・池田元久衆院議員) を設置、 初会合が参院議員会館で開かれた。 憲法20条が定める 「政教分離」 の原則が徹底されているか調査するのが目的で、 公明党をけん制する狙いもある。

 会合後、 記者会見した池田氏は 「公明党と創価学会の問題が事実上中心になる。 宗教法人の特権的な扱いのほか、 選挙へのかかわりや税務調査の問題などを調査したい」 と語った。  (2009/12/03-18:40)

==========

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20091203AT3S0302203122009.html

民主、 宗教と民主主義研究会の初会合

 民主党は3日、 宗教と政治の関係を研究する 「宗教と民主主義研究会」 の初会合を開いた。 公明党の支持母体である創価学会の実態を調査するのが目的で顧問に石井一選挙対策委員長、 会長に池田元久氏、 幹事長に一川保夫副幹事長が就任した。 同じ趣旨で活動していた党内勉強会を改組して、 メンバーは約20人から30人に増えた。(00:39)

==========

http://www.christiantoday.co.jp/main/society-news-982.html

民主党 「宗教と民主主義研究会」 設立・初会合
2009年12月04日

 民主党は3日、 宗教と政治の関係を研究する 「宗教と民主主義研究会」 を設立し、 国会内で初会合を開いた。 公明党とその支持母体である創価学会の実態を調査するのが狙いだ。

 同会は同じ趣旨で活動して来た 「民主政治推進PT (プロジェクトチーム)」 を改組したもので、 メンバーはこれまでの約20人から約30人に増加。 顧問に選挙対策委員長の石井一氏、 会長に池田元久氏、 幹事長に党副幹事長の一川保夫氏がそれぞれ就任した。

 同会は憲法の定める 「政教分離原則」 が徹底されているのか調査することを目的としているが、 池田氏は会合後の記者会見で 「公明党と創価学会の問題が事実上中心になる」 と明言した。

==========

http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20091203126.html

民主党に 「創価学会研究会」… 公明党に揺さぶり?

 民主党の国会議員有志が3日、 公明党の支持母体である創価学会について調査する 「宗教と民主主義研究会」 (会長・池田元久衆院議員) を発足させた。 同趣旨の党内勉強会を改組し、 メンバーを約20人から約30人に増加。 石井一選対委員長が顧問に就いた。

 研究会のメンバーはこれまでに、 創価学会を相手に損害賠償請求訴訟を起こした矢野絢也元公明党委員長から意見聴取している。 来夏の参院選をにらみ、 「政治と宗教」 の関係に焦点を当てることで公明党を揺さぶる狙いがありそうだ。

 池田氏は記者会見し 「宗教が政治に介入し (政教分離を定めた) 憲法20条に反することが行われている。 創価学会に関する問題を研究し調査内容を (政府に) 提言したい」 と述べた。

[ 2009年12月03日 21:04 ]

引用おわり

====================

« 9万アクセス | トップページ | 【セミナー】 中世南インドの宗教運動 »

01B 宗教政治学」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/47578809

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党による 《公明党/創価学会》 包囲網:

« 9万アクセス | トップページ | 【セミナー】 中世南インドの宗教運動 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ