« 何も作れない焦りと不安 | トップページ | 《外部》 の体験、 その聖と俗 »

2010年2月 8日 (月)

信仰と開発、 あるいは経済と宗教

mittsko うちのバス停の脇には馬頭観音の碑がある  完全な墓石仕様なのは、 地主が代々の家畜を祀ったものだから  地主はこの場所だけは決して売らない  おかげでバス通りは狭いままだが  林が残った

自分のつぶやき から再録

Photo_2

この一隅を手放さないと言い張っていた先代の地主は

数年前に 他界した

跡目をついだ息子は、 相続税対策もあるんだろう

最近ずっと 空き地や畑だったところを 住宅デベに売っている

今月に入って いくつかの区画で工事がはじまった

馬頭観音の霊力は 経済力学に勝てるだろうか

信心は 生活のなかで どう編成されなおすだろうか

家畜と縁のない世代の 世界観はどこへ向かうのだろうか

« 何も作れない焦りと不安 | トップページ | 《外部》 の体験、 その聖と俗 »

01A 宗教学」カテゴリの記事

01C 宗教と世俗のあいだ」カテゴリの記事

03C 開発と開発学」カテゴリの記事

コメント

>馬頭観音の霊力は 経済力学に勝てるだろうか

結局そういうことですが、宗教的施設の完全撤去や転用は、なんとなく(←ここを明確にするべきでしょうが、祟りが怖いとか)嫌だというのが人間で、経済的にやむにやまれなければそのままにしたい。
L.A.で小さなモスクを売りに出したとき、交渉がまとまったのは(買い手として喜ばれたのは)キリスト教会でした。世俗の肉屋などになるより良かったんでしょうね(笑)。

Waterman さん>

久々のコメント 本当にうれしく思います
今度は ツイッタ―流れですからね、 また新しい側面も見えてくるや、と

宗教施設(含む “塚” “碑”)の撤去――という局面について
これだけで どれほど立派な 宗教民俗(族)学のモノグラフが書けることでしょう…!

とても興味深い内容です。。
ツイッターの方では、これに触発されて宗教経済学なんて考えてしまいましたが、
人類学的モノグラフとして、宗教と経済と(そして開発人類学とも!)
切り結ぶような形にすれば成功しそうですね☆

この問題、またWatermanさんの言及しておられる問題とも合わせて
非常に興味深く思います!!

keikogk
 

Grace 馨子 keikogk さん>

コメント ありがとうございます

経済にそこまでの関心がおありだとは 知りませんでした
この領域は かなり成功の確率が高い! と踏んでおります

手前みそながら、 「宗教政治学」は ここを射程に入れないわけにはいきません

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/47511863

この記事へのトラックバック一覧です: 信仰と開発、 あるいは経済と宗教:

» [topologue][mono]いつから対立するようになったのだろう。。。 [はかとも(無縁彷徨)]
近藤光博さんのブログに興味深いエントリがあった。 信仰と開発、 あるいは経済と宗教: Buddhi Prakash エントリのタイトルにあるように、「信仰/開発」あるいは「経済/宗教」が対立項として扱われている。ところで前近代社会*1では、開発を進めるためにこそ要請された信... [続きを読む]

« 何も作れない焦りと不安 | トップページ | 《外部》 の体験、 その聖と俗 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ