« ラジニーシがあらわれる1960年代末のイギリスという舞台 | トップページ | 1950年代初頭 スコットランドのシュタイナー学校の思い出 »

2010年3月11日 (木)

学者の業(ごう)

先日 つぶやいたこと――

====================

昔から不穏に思ってたことだ

学問への真摯さは

真剣さ、真面目さとは 全然違う

厳密で隙のない論証への執心は

美学的「センス」に由来する

それは万人が有する資質ではない

そして、大衆が求める美徳でもない

学的構成物のあの美は

それに憑かれた者にとっては

呪い以外のなにものでもない

亡きS君と僕はそれを「業」(ごう)と呼ぶことを好んだ

S君は その業に取り憑かれたまま 死んだ

そして、その業を背負ってはいない人が

非致死性の悩み事を抱えて寿命を全うする

かつて僕はそのことに 真正面から怒っていた

不快でたまらなかった

今は、無情を感じる

僕は僕の、あの人はあの人の

それぞれの業を背負って 生きていくだけなんだナァ、と思う

その上にきっと 分かり合いの場ができるだろう

不当で不適当な事柄が ここには無数にあるけれど

それらは決して許しされてはならないけれど

ギリギリのところで触れ合い分かり合おうとするのは

そんなカナシミの自覚がある機だけだ

不器用でクソったれな真人間たちを 僕は真っすぐに愛す!

みんな がんばれ!

オレも がんばる!

====================

以上のようなつぶやきをしました

« ラジニーシがあらわれる1960年代末のイギリスという舞台 | トップページ | 1950年代初頭 スコットランドのシュタイナー学校の思い出 »

03A 思索」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/47772197

この記事へのトラックバック一覧です: 学者の業(ごう):

« ラジニーシがあらわれる1960年代末のイギリスという舞台 | トップページ | 1950年代初頭 スコットランドのシュタイナー学校の思い出 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ