« 「宗教の復権」 ならぬ 「宗教の根源的変容」 | トップページ | 市民宗教の構想はフランスではまったく不可能である »

2010年3月24日 (水)

宗教的な装置はその機能を失い、もはや修復不可能である

長々とやってきました

  • マルセル・ゴーシェ 『民主主義と宗教』 (伊達聖伸+藤田尚志訳, トランスビュー, 2010年2月)

に関する連投――

本便で 一応の区切りとさせていただきます

お付き合い ありがとうございました

====================

ゴーシェのこの本は 彼の研究活動の

ひとつの集大成、 というかそのコンサイスな全体像

という位置づけがどうやらできるそうなので (たしか訳者談)

結論にあたるものがあるわけではない

この本が 全体として ひとつの結論になっている

と 言った方がよいのだろう

それでも、 ゴーシェの語りの要点みたいなところは

いくつか散見されるわけであり、 私見によれば

そのうちの一つが 100-103頁 にある!

そこで言われているのは こういうことだ――

====================

諸宗教は 完全に 民主主義へと統合された

    ↓

民主主義にとってそれは、 対抗相手がもはやいないということ
 <根源の枯渇>

    ↓

これにより今や 「信じうることが根本からずれる」 ことになっている
 <実質的な内容の衰退>

こちらをちょっと見ていただけると嬉しい

====================

この図式は 《世俗化》 論のそれと大差ない

しかし、 それを 政治学と心理学の知見のなかで

ひとつの大きな枠組みに仕立て上げたところが 凄い!

« 「宗教の復権」 ならぬ 「宗教の根源的変容」 | トップページ | 市民宗教の構想はフランスではまったく不可能である »

01C 宗教と世俗のあいだ」カテゴリの記事

01D 世俗の宗教学」カテゴリの記事

01E 宗教学の積極的解体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/47724054

この記事へのトラックバック一覧です: 宗教的な装置はその機能を失い、もはや修復不可能である:

« 「宗教の復権」 ならぬ 「宗教の根源的変容」 | トップページ | 市民宗教の構想はフランスではまったく不可能である »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ