« ケペルの議論は日本人に評価できるのか | トップページ | 出雲 挑んで知った怖さ »

2010年4月 7日 (水)

2010年3月 読書データ

3月の読書メーター
読んだ本の数:19冊
読んだページ数:5610ページ

NHKスペシャル 100年の難問はなぜ解けたのか―天才数学者の光と影NHKスペシャル 100年の難問はなぜ解けたのか―天才数学者の光と影
面白かった。思っていた内容は書かれていなかったが、素敵な本だと思う。
読了日:03月31日 著者:春日 真人
クムラン (角川文庫)クムラン (角川文庫)
物語としてはフツーに陳腐 だが、《文字テキストにしかできないもの》への強い自覚に感銘
読了日:03月14日 著者:エリエット アベカシス
ストリートの思想―転換期としての1990年代 (NHKブックス)ストリートの思想―転換期としての1990年代 (NHKブックス)
表題の通りの本!興奮して読めた 僕とは違う筋だが、新世代左翼の気概には共感するのだ
読了日:03月13日 著者:毛利 嘉孝
アメリカの公共宗教―多元社会における精神性アメリカの公共宗教―多元社会における精神性
ノーコメント 次回作に期待 その期待ができる著者だから!
読了日:03月10日 著者:藤本 龍児
さよなら、サイレント・ネイビー―地下鉄に乗った同級生さよなら、サイレント・ネイビー―地下鉄に乗った同級生
異色だが重要なオウム論 死刑制度論などで異論反論を呼ぶだろう しかし、読む価値あり
読了日:03月06日 著者:伊東 乾
無宗教こそ日本人の宗教である (角川oneテーマ21)無宗教こそ日本人の宗教である (角川oneテーマ21)
「無宗教」賛美はやはり一面的すぎる 世俗主義を加え、より包括的な「日本」が描けたら…
読了日:03月04日 著者:島田 裕巳
日本人にとって「宗教」って何だろう (KAWADE夢新書)日本人にとって「宗教」って何だろう (KAWADE夢新書)
「教養」としての日本宗教論の好著!形式的な宗教史でないところが冴えてる
読了日:03月04日 著者:武光 誠
神と人のはざまに生きる―近代都市の女性巫者神と人のはざまに生きる―近代都市の女性巫者
おすすめの名著! 副題の「女性巫者」ではなく、彼女がいた時空間そのものこそ!
読了日:03月03日 著者:アンヌ ブッシイ
宗教に抗する聖者―ヒンドゥー教とイスラームをめぐる「宗教」概念の再構築宗教に抗する聖者―ヒンドゥー教とイスラームをめぐる「宗教」概念の再構築
再々読 感想は変わらず 大変な力作なのだが、地域研究の難しさが…
読了日:03月03日 著者:外川 昌彦
Nの肖像 ― 統一教会で過ごした日々の記憶Nの肖像 ― 統一教会で過ごした日々の記憶
たしかに「救い」を与えてくれるが、何か大切なものを破壊せずにはおかない そんな教団の事例
読了日:03月03日 著者:仲正 昌樹
先端社会研究〈第4号〉特集 スピリチュアリティと幸福先端社会研究〈第4号〉特集 スピリチュアリティと幸福
自己喪失、被虐待児童、要介護高齢者、そして統一教会、「拡散宗教」
読了日:03月02日 著者:
アジア社会と市民社会の形成―その課題と展望 (アジア社会研究会年報)アジア社会と市民社会の形成―その課題と展望 (アジア社会研究会年報)
アジア社会という切り口は有効だと思うが、まだ練り上げが不足だ、という感想
読了日:03月02日 著者:
早池峰岳神楽―舞の象徴と社会的実践早池峰岳神楽―舞の象徴と社会的実践
「はやちねたけかぐら」 「民俗芸能」と「地域生活の宇宙」の不易流行 つまり「神事」とはなにか
読了日:03月01日 著者:長澤 壮平
旧ソ連地域と紛争―石油・民族・テロをめぐる地政学旧ソ連地域と紛争―石油・民族・テロをめぐる地政学
地域研究の成果だが専門外の人にこそ!副題がすべてを語っているが、「民主化」も主題
読了日:03月01日 著者:廣瀬 陽子
民主主義と宗教民主主義と宗教
批判は簡単な本!しかし、その真価をどれだけの人が理解するだろうか… 大変な著作だ
読了日:03月01日 著者:マルセル・ゴーシェ
インドの大道商人インドの大道商人
表紙が残念すぎる!祝文庫化!ラージャースタンの村々、その「文化や生活」
読了日:03月01日 著者:山田 和
POPな宗教学―神々への軽快なアプローチPOPな宗教学―神々への軽快なアプローチ
ひろさちや「著」ではない 4人のフリーライターの共著 専門家ほど読むとよい
読了日:03月01日 著者:後藤 篤,清洲 光,馬越 ふみあき,岡田 浩義
宗教トラブルはいま―判例と報道から見えてくるもの宗教トラブルはいま―判例と報道から見えてくるもの
日弁連「人権侵害についての判断基準」 人権侵害、社会不安、消費者被害⇒宗教トラブルの防止と被害救済
読了日:03月01日 著者:
神社若奥日記―鳥居をくぐれば別世界 (祥伝社黄金文庫)神社若奥日記―鳥居をくぐれば別世界 (祥伝社黄金文庫)
なかなかの本!巫女さんに関心をもつ学生は必ずいるので、今後はこれを紹介しよう
読了日:03月01日 著者:岡田 桃子

読書メーター

« ケペルの議論は日本人に評価できるのか | トップページ | 出雲 挑んで知った怖さ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/48019589

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年3月 読書データ:

« ケペルの議論は日本人に評価できるのか | トップページ | 出雲 挑んで知った怖さ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ