« 2010年3月 読書データ | トップページ | 10万アクセス »

2010年4月 7日 (水)

出雲 挑んで知った怖さ

朝日新聞 朝刊での連載

探訪保守

出雲地方の保守性を 徹底的に現地取材するという切り口

南彰記者という若手の起用など

とても興味ぶかいもので (実際、 とてもおもしろく)

連載開始当初から、 本ブログでも注目させていただいていた

今では、 朝日新聞のサイトに 特設頁もある

その連載が 昨日付け (2010年4月6日付) で

どうやら終了したらしい

その日の記事タイトルは

出雲 挑んで知った怖さ

どこにも最終回とは書かれていないのだが

南記者の本文が こんなことが書かれている

 2月、 最後の取材を始めるにあたり、 国会近くにある錦織氏 [錦織淳氏: 竹下登氏、 登氏の弟である亘氏に総選挙で挑み、 最後まで勝つことなく、 00年に政界から退いた] の弁護士事務所を訪ねた。 これまでの連載について彼は 「表面的になぞった感じがするな」 と笑った。

最後の一段落は こうだ

 参院選に向け、 私は日常の政治取材に戻る。 この半年、 出雲を探訪しながら、 気づくと自分の歩みも振り返っていた。 学生時代に抱いた出雲への重いと、 30歳の政治記者として出雲に戻った今の思い。 保守は、 壊すべきものではなくなった。 だが、 変化したのは私の意識であって出雲ではない。 政権が交代しても変わらない、 いや変化を見せない。 それが出雲である。

====================

とても有意義な連載だった、 とあらためて思う

この日の記事も そのうちネット上で読めるようになりましょう

あらためて 特設頁はこちら

皆さん、 ぜひご注目くださいませ

« 2010年3月 読書データ | トップページ | 10万アクセス »

01B 宗教政治学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/48019797

この記事へのトラックバック一覧です: 出雲 挑んで知った怖さ:

« 2010年3月 読書データ | トップページ | 10万アクセス »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ