« ルネ・レモン 『政教分離を問いなおす』 | トップページ | 山崎豊子を読む若者がやっぱり増えているらしい »

2010年4月 1日 (木)

官僚制的同胞主義の体制

《宗教/世俗的近代性》 の日本的組成について

いくつも特徴があるわけだが、 そのひとつに

ハードな 《世俗》 概念が 確立していない――

ということがあげられる

《世俗の宗教学》 を追究すべき現代宗教学者にとって

この特徴は 大きな障害である

しかし、 手掛かりがないわけではない

たとえば、 社会哲学者 橋本努 は 次のように述べる

  • 芹沢一也・荻上チキ (編) + 飯田泰之・鈴木謙介・橋本努・本田由紀・吉田徹 (著) 『日本を変える 「知」: 「21世紀の教養」 を身に付ける』 (光文社, 2009年5月)

所収の

  • 橋本努 「誰もネオリベラリズムを全面否定できない」 (281-342頁)

より

以下引用

 僕が現在考えているのは、 ウェーバーの 「中間考察」 を拡張するかたちで現代 [日本] の体制を把握することです。 一言でいえば、 現体制を 「官僚制的同胞主義」 として把握するものです。

 ここで僕が 「官僚制的同胞主義」 と言っているのは、 人々が一定の同胞倫理 (仲間意識) を共有しながら、 市場取引関係については、 これを政治工学的に再設計するという企てです。

 この体制は、 一方における宗教上の 「カリスマ支配から祭祀的教権者支配への移行」 と、 他方における財配分上の 「市場経済の設計主義化」 という、 二つの源泉から生まれてきました。 その典型は、 19~20世紀における 「キリスト教社会主義」 の企てでしょう。

 けれども、 キリスト教の祭祀的教権者層が支配しない社会においても、 近代の国民国家は、 これに代替する機能を果たしてきました。 近代の国民国家は、 教会における祭祀的教権者層の機能を、 エリート官僚へと代替したもの、 と言えます。

 官僚たちは、 旧来の 「魂の救済」 という課題を、 「ナショナリズムの愛国心」 として読み替えて、 国のために仕える人々は、 その人生が報われる、 とみなすわけです。 そのような救済の倫理を担保したうえで、 近代の国民国家は、 経済関係を即事象的 (ザッハリッヒ) かつ合理的に組織化していきました。

引用おわり: 330-31頁

現代日本において 《世俗》 とは何か――

それは 官僚制的同胞主義の体制、 およびその力場である

<つづく>

« ルネ・レモン 『政教分離を問いなおす』 | トップページ | 山崎豊子を読む若者がやっぱり増えているらしい »

01D 世俗の宗教学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/47970377

この記事へのトラックバック一覧です: 官僚制的同胞主義の体制:

« ルネ・レモン 『政教分離を問いなおす』 | トップページ | 山崎豊子を読む若者がやっぱり増えているらしい »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ