« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の記事

2010年6月28日 (月)

リーフレット 「葬儀を縁として」

まったく偶然なのですが

真宗大谷派についての記事を もうひとつ

前便は こちら ⇒ 「明治30年 大谷派僧侶の 《宗教体験》」

====================

昨日 叔母が長寿をまっとうされたということで

愛知の岡崎まで 車で日帰り強行軍

お通夜に参列してきました

「通夜勤行」 というのが 正式名称なのだそう

今回はじめて知ったのですが

叔母が嫁いだ おじさんの家が大谷派だったのでした

====================

式はつつがなく挙行されました

式の最後に、 導師 (式を執り行ってくださるご僧侶) が

  • 「亡き人からの問いかけ」

という文章をお読みになられました

とてもよい内容で、 心をうたれました

一体 なんの文章なのだろうか

何か一枚の印刷物をお読みになっていたようだが

と、 思い立ち、 式終了後 控え室まで押しかけて

あれは何だったのでしょうか、 とうかがいました

ご導師は これですよ、 と一枚のリーフレットをくださいました

『葬儀を縁として』 と題されたものですReaf_sougi

ただし、 右の画像は 僕が入手したリーフレットの表紙とは違います。 が、 おそらく 同じものなのでしょう

====================

「亡き人からの問いかけ」――

11段落の短い文章です

内容全文を引用紹介したいところですが

ネット検索をかけてみましたら

『葬儀を縁として』 が 10円で売られている

葬儀用リーフレットとのこと

著作権 とは申しませんが、 やはり全文引用はひかえます

全11段落中の3段落を 下に引用させていただきます

なお、 リーフレット 『葬儀を縁として』 の奥付には

編 集  リーフレット作成委員会

発行者  真宗大谷派東京教区教化委員会

とあります

こちらのサイトには 著者として 「池田勇諦」 師のお名前があります

====================

以下引用

 身近な人の死は、 私たちの心をゆさぶり、 今の日常が永遠に続くかのように錯覚して暮らしている私たちに 「やがては死んでいく身を、 どう引き受けて生きていくのか」 と問いかけています。

 しかし、 現実には私たちは亡き人に対して 「どうか安らかにお眠りください」 あるいは 「心からご冥福をお祈りします」 ということで済ませてしまい、 またもとの日常生活の中で、 地位や世間体などに振りまわされ、 かけげえのない いのち をすりへらしているのではないでしょうか。

 「ひとりの人間の死」 という重い事実を自分の問題として受け止めず、 ただ 「冥福を祈る」 ということだけで過ごすとすれば、 それは亡き人からの大切な問いを無にすることであり 「自分のあり方を見つめなおす眼 [まなこ]」 を自ら塞いでしまうことなのです。

引用おわり: なお、「まなこ」 以外のルビは省略し、 傍点は太字で示しました

====================

2010年6月27日 (日)

スンニ派とシーア派 アッバース朝

スンニ派とシーア派の 微妙な対抗関係――

これについて知ろうと思ったら まずは

アッバース朝の歴史の勉強から始めましょう

ということを

  • ジル・ケペル 『テロと殉教: 「文明の衝突」 をこえて』 (丸岡高弘訳, 産業図書, 2010年3月12日)

で学びました

====================

2006年夏のイスラエル・レバノン戦争で

ヒズブッラーに充分な打撃をあたえられないまま

イスラエルは レバノン領からの撤退を余儀なくされた

これにより、 ヒズブッラーの人気は 否応なく高まった

シーア派のハサン・ナスルッラー [ヒズブッラー議長] が民衆のアイドルとなると、 スンナ派の君主や大統領は自分たちの存在の正当性がおびやかされるとかんじ、 不安をいだくようになった。 すでに二〇〇四年秋、 ヨルダンのアブドゥッラー二世はイランからイラク、 バハレーンを通過してレバノンにまでいたる 「シーア派の三日月地帯」 にたいして警戒をよびかけていた。 そうした地域ではシーア派が多数派をしめているが、 さらにサウディアラビア、 クウェート、 シリアにもシーア派マイノリティーが存在する。 とくにシリアはダマスカスにサイイダ・ザイナブ朝というシーア派の重要な巡礼地をもっている。 またエジプト大統領ムバーラクもドバイのサウディアラビア資本のテレビ局でアラブ諸国中のシーア派住民はその国民的帰属がどうであれまずイランとそのアーヤトッラーに忠誠を誓っていると述べている。

71頁

こういう状況についての ジル・ケペルのコメント――

これはシーア派住民はペルシア人への内通者という昔からの偏見をくりかえすものだった。こうした偏見は一〇世紀も前のアッバース朝時代のペルシア人とアラブ人の対立にまでさかのぼるものである。 アッバース朝の物語は学校の教科書でも重要な位置をしめており、 アラブ民族主義の基本となる神話を形成するのに貢献しているのである。

71-72頁

「学校の教科書」 でも そういうことが物語られている!

これは さすがにはじめて知りました

2010年6月24日 (木)

明治30年 真宗大谷派僧侶の《宗教体験》

授業で 神秘体験とか 回心体験とか 宗教体験とか

話はするのだが、 とにかく伝わらない

当たり前である

現代日本の若者は そういうことに触れたことが 一切ない!

話を聞いたこともない!

どんなことが 何で起こるのか まったく知らないのだ

出る質問は決まって

「霊体験とは なにか違うんですか…?」

ウベナルカナ、 ウベナルカナ!

これにどう答えるか、 現代日本の宗教学者の腕のみせどころだ

僕なりの定型化した答えはあるのだが

まぁ それはさておき (また書く機会もありましょうから)

とりあえず ここでは、 最初の問題への情報を

学生さんたちにお伝えしておきたいと思います

すなわち

「宗教体験って なんですか…? どんなですか…?」

という問い

====================

近角常観 (ちかずみ じょうかん) さんという

浄土真宗 (大谷派) の僧侶がいらした

明治3 (1870) 年生、 昭和16 (1941)年没

このお坊さんの 《宗教体験》 が

碧海寿広さん の論文に紹介されていた

  • 碧海寿広 「哲学から体験へ ―近角常観の宗教思想―」 (『宗教研究』 364号, 2010年6月, 75-100頁)

====================

《宗教体験》 は、 その前段階として

挫折と煩悶の状態を経るのが ふつうである

近角の場合も、 まさにそうだった

 近角常観は、 明治三年四月二〇日、 滋賀県東浅井郡旭村の西源寺 (真宗大谷派) に、 父・常隋の長男として生まれた。 三歳のとき実母が死去し、 養母・雪江に育てられた。 幼少期から、 父に浄土三部経の読み方を教わった。 当人いわく 「我信仰は全く父上の授け玉ひし所也」。 明治一八年、 京都府立尋常中学校を経て、 東本願寺経営の育英教校に入学。 清沢 [清沢満之] に出会った。 明治二二年、 清沢の推薦をうけ、 東本願寺の留学生として上京。 開成中学と第一高等学校に学び、 明治二八年に東京帝国大学哲学かに入学した。 東大在学中の明治二九年、 清沢らが推進した 「白川党宗門改革運動」 に参加、 熱烈な活動を行うも、 運動は期待通りの成果を生まず、 挫折感を抱えながら、 学業に復帰。 深甚な煩悶状態に入る。

79頁

碧海さんが示唆するように

近角にとって これは大きな挫折だったのだろう

彼の内面は荒れ、 自殺願望まで芽ばえたようだ

 人とうまく付き合えない。 それが、 青年近角の悩みの根本であった。 明治三〇年七月、 改革運動からの帰還の後、 心身ともに疲れ果てていたが、 同時に人間関係もこじれ始めた。 自分は周りの人々に対し気を遣い親切にしているのに、 相手はそれに応じた好意的な態度をとってくれない。 誰かに肩入れすると、 他の誰かがそれを恨みに思う。 次第に誰に対しても心の距離が出来はじめ、 人間不信に陥った。 仏教も愛読書もつまらなく、 飲食など五感の快楽に溺れ、 自殺願望すら抱く。

若き近角にとって必要なのは 「友人」 であったようだ

しかし、 それは どうしても得られない

彼は追い詰められる

体調まで すっかり崩す

「心が入れ替わるような体験」

「回心の体験」 がおとずれたのは、 そんなときだった

 鬱屈したまま、 松島での仏教夏季講習会に参加したが、 丸々二週間、 仲間に苦悶を訴えるのみで、 周囲を不快にさせた。 この時、 どんな状況でも自分に同情し、 慰め、 認めてくれる友人が必要だと痛感した。 そこで、 中学時代の親友のところに行き、 今の苦悶を打ち明けるが、 気分は晴れない。 心の不調は体の病気をも惹起し、 腰部に筋炎が生じ激痛に苦しんだ。 療養のため帰郷し、 二週間入院していたが、 体調が少しよくなり通院していたある日の道の途中、 心が入れ替わるような体験を得る。 九月一七日のことであった。

病院から帰り途に、 車上ながら虚空を望み見た時、 俄に気が晴れて来た。 これまでは心が豆粒の如く小さであったのが、 此時胸が大に開けて、 白雲の間、 青空の中に、 吸ひ込まれる如く思はれた。

雄大な天空に向け卑小な我が心を開いた、 この瞬間の感覚は、 彼の仏教観を一変させた。

79-80頁

近角の仏教観の一変!

それを 碧海さんは、 近角自身の著作をたよりに

次のように要約する

 仏陀とは、 真の友のことである。 人間の世の中に存在する友人は、 こちらが心を隔てれば、 向こうも同じく心を隔てるものである。 だから友人に対しては善く振舞おうと人は心がけるが、 心の弱い凡夫にはその継続は難しく、 人間界の友情はもろい。 これに対し仏陀は、 こちらの態度が悪ければ悪いほど、 心を隔てれば隔てるほど、 逆に胸を開いてくれる、 天空のように寛大な心をもつ友である。 この様な 「真の朋友」 としての仏陀像を胸中に構成することで、 近角は煩悶から脱し、 絶対的な安心感を獲得することができたのであった。

80頁

学生の皆さん>

これがひとつの 「宗教体験」 「回心体験」 です

====================

なおちなみに

伝統宗教教団のなかに生じた、 こうした体験を

清沢らのグループは当時、 「実験」 とよんでいたそうだ

碧海論文 76-77頁

コンドウ思うに、 「じっけん」 でなく 「じつげん」 と読むべきだろう

「実際の験 (げん)」! ということなんだろう

当時の言い方としては 他にも

「内心の経験」 というのがあったそうだ (82頁)

====================

碧海さん自身は、 こうした 《体験》 の概念化として

  • 「宗教的体験」 「宗教体験」 (84, 89, 92, 94, 95頁)
  • 「信仰体験」  (78, 82, 89, 93, 96頁)

という表現を 一番おおく用いている

前者は いくらかディタッチトな表現で

後者は いくらかコミッティドな表現であろうか

その他の表現としては

  • 「回心の経験」 (80頁) 
  • 「救済体験」 (86, 89頁)
  • 「回心体験」 (87頁)

微妙に毛色のちがうところでは

  • 「仏教体験」 (89頁)

というのもある

いずれにせよ、 碧海さんは

これらの概念を区別して使ってはいないようだ

哲学的な表現では

「救済的な体験の普遍性」 (89頁) ――

あるいは、 宗教哲学/形而上学的な表現では

「至高存在の体験」 (96頁) ――

もうちょっとわかりやすい表現では

「人生上の苦難から信仰を得て安心を確立するまでの体験」 (92頁) ――

これが 碧海さんの概念化の要諦なんだろう

2010年6月22日 (火)

最も単純な歓びの源泉

====================

 生きることが一切の価値の基礎として疑われることがないのは、 つまり 「必要」 ということが、 原的な第一義として設定されて疑われることがないのは、 一般に生きるということが、 どんな生でも、 最も単純な歓びの源泉であるからである。 語られず、 意識されるということさえなくても、 ただ友だちといっしょに笑うこと、 好きな異性といっしょにいること、 子供たちの顔をみること、 朝の大気の中を歩くこと、 陽光や風に身体をさらすこと、 こういう単純なエクスタシーの微粒子たちの中に、 どんな生活水準の生も、 生でないものの内には見出すことのできない歓びを感受しているからである。 このような直接的な歓喜がないなら、 生きることが死ぬことよりもよいという根拠はなくなる。

見田宗介 『現代社会の理論 ―情報化・消費化社会の現在と未来―』 (岩波新書, 1996年) 141頁

====================

この文章を読んだ まさにその日

彼の自死の知らせをうけた

彼の毎日の生活と これまでの人生のなかには

こんな 「単純なエクスタシーの微粒子たち」 が

「生でないものの内には見出すことのできない歓び」 が

「最も単純な歓びの源泉」 が欠けていたのか

―― そんなことを思った

冥福を祈ります

2010年6月10日 (木)

ルーマニアの秘密結社

「カルシャリ」 とは、 ルーマニアの 「一種の秘密結社」 である

「ジーネ」 (妖精/魔女) により病気となった者を治す

 カルシャリの軍隊的、 擬似男性秘儀結社 (パラ・メンナーブント) 的要素は明白である。 すなわち旗、 刀、 木馬の頭、 棍棒などがそれである。 さらにカルシャリの二つの集団は互いに出会うと激しく戦う。 集団が村に戻る際の最後の激は 「戦争」 と呼ばれる。 彼らの旗は地面にしっかり固定され、 ひとりのカルシャリがその支柱によじ登って叫ぶ。 「戦争だ、 同志の者たちよ、 戦争だ。」 誓約は 「神」 の名において行なわれるにもかかわらず、 カルシャリによって演じられる神話、 儀礼的筋書きにはキリスト教と共通するものは何もない。 初期の時代、 教会の権威は武力をもって彼らと戦ったことが推測される。 というのは、 一七世紀には確認された多くの古代的特徴が消失しているからである。 ある地域では一九世紀末になってさえ、 カルシャリは三年の間聖餐式から締め出された。 しかし結局、 教会は彼らを黙認することを決定したのであった。

135-6頁: ルビはカッコで示した

====================

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ