« 斎藤環 『戦闘美少女の精神分析』 より | トップページ | 《世俗の宗教学》 におけるメロドラマ的映画の重要性 »

2011年2月 3日 (木)

成熟(大人に成ること)と想像力

こんな研究計画を立てています

【緩募】 「宗教と映画」

関心をもって、一緒に研究してくれる方を求めております

研究領域は3つ

1)映画における具体的な宗教的諸伝統の表出

2)映画と宗教の機能構造論的一致

3)《世俗》の言説=制度としての映画

予算ゼロ、完全手弁当でかまわん、っていう奇特な方!一緒にやりませんか

すでに第1回研究会は開きました

次は、 「映画部門・関東」 の第1回ワークショップです

2月13日(日)15時~

「藝術の宗教学」第1回ワークショップ

DVD上映会 『ミツバチのささやき』&『マイマイ新子』

無償非営利・教育研究目的

@日本女子大学・目白キャンパス

【参加ご希望の方 私までご連絡を】

テーマは 「成熟 (大人になること) と想像力」 になりますかね

====================

以下は このワークショップのためのメモ――

 少年が青年になり青年もくたびれがかったころ中年となってやがて老年期にいたる ―― 蚊帳にもぐりこむのをよろこんだり、 幻想小説を読んで、 頁をめくるのすらもどかしいくらいにどきどきしていたその少年と、 中年の自分とが、 同一人物であるということがふしぎでならない。 いろいろなことを忘れてゆく。 時間の系列がふるいにかけられてしだいに記憶が無差別になってゆき、 ていねいに自注をつけても追いつけない。

朝吹真理子 『流跡』 (新潮社, 2010年, 72頁)

« 斎藤環 『戦闘美少女の精神分析』 より | トップページ | 《世俗の宗教学》 におけるメロドラマ的映画の重要性 »

01D 世俗の宗教学」カテゴリの記事

01F 藝術の宗教学 改め Economimesis R&D」カテゴリの記事

04C 連載 宗教学のための映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

映画っていろんなところに関わりを持つんですね。
スッゴク面白そーーcat

そうそう、「ベンハ―」まではキリストの顔は出さなかったんです。そういう約束だと父が言ってました。「偉大なる生涯の物語」で初めてキリストの全姿が出たと記憶してます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/50764663

この記事へのトラックバック一覧です: 成熟(大人に成ること)と想像力:

« 斎藤環 『戦闘美少女の精神分析』 より | トップページ | 《世俗の宗教学》 におけるメロドラマ的映画の重要性 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ