« 3/13 「藝術の宗教学」研究会 映画部門(関東)第3回ワークショップ | トップページ | メロドラマ的イデオロギーと並行編集 »

2011年3月 7日 (月)

D・W・グリフィスの並行編集

  • 加藤幹郎 『映画とは何か』 (みすず書房, 2001年) より

====================

以下引用

 ミショー [オスカー・ミショー 1884-1951] が利用したグリフィスの手法とは並行編集 (クロスカッティング) である。 並行編集とは、 異なる複数の出来事の 「同時性」 ないしは 「継起性」 をきわだたせるために複数の空間をくりかえし往復する編集法のことである。 この画期的手法はグリフィスの創案にかかるものではないものの、 それを物語映画にふさわしい劇的な映像言語へと高めたのは明らかにグリフィスの功績である (彼はサスペンスを産みだすために、 往復するショットの数を増やし、 切り替えるタイミングを速めた)。 グリフィスがしばしば古典的ハリウッド映画の創始者とみなされるゆえんである。 じっさい彼はミショーの 『我らが門の内にて』 公開の年 (1920年)にも、 『東への道』 Way Down to East において清純可憐なリリアン・ギッシュを凍てつく流氷のうえに横たわらせ、 逆巻く滝壺に呑みこまれる寸前に救出させるという昔ながらの並行編集の極致を披露している。** […]

==========

 バリー・ソールトの調査によれば、 「最初の」 本格的並行編集は1906年の 『無謀なる企て』 The Hundred-to-One Shot (ヴァイタグラフ社) における疾走する車とその目的地とのあいだを往復するものである。 いっぽうグリフィス初の並行編集は、 その2年後 (グリフィスが監督デビューした年) の 『運命のとき』 The Fatal Hour (1908) に見られる。 Barry Salt, "Film From 1900-1906," in Thomas Elsaesser ed., Early Cinema: Space-Frame-Narrative (London: British Film Institute, 1992), p. 39.

** 流氷のうえを滝壺へと流されてゆく娘のショット群Aと、 その現場へ救出に駆けつける男のショット群Bとの交互編集。 『東への道』 の並行編集の詳細については、 加藤幹郎 『鏡の迷路 映画分類学序説』 (みすず書房、 1993年)、 119-128頁を参照されたい。

引用おわり: 236-7頁: 漢数字はアラビア数字にあらためた

====================

« 3/13 「藝術の宗教学」研究会 映画部門(関東)第3回ワークショップ | トップページ | メロドラマ的イデオロギーと並行編集 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/51034109

この記事へのトラックバック一覧です: D・W・グリフィスの並行編集:

« 3/13 「藝術の宗教学」研究会 映画部門(関東)第3回ワークショップ | トップページ | メロドラマ的イデオロギーと並行編集 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ