« 自然災害と罪、あるいは悪い出来事と宗教的助言 ―ヨブ記に寄せて― | トップページ | 視覚の近代史、 あるいは映画と世俗 »

2011年3月31日 (木)

検閲の誕生 ―大正期の警察と活動写真―

1917年、 警視庁は映画上映を取り締まる規則を制定した

それにより当局が取り締まろうとしたものは

インドの映画館で今もみられるような 「パフォーマンス性」 と 「猥雑性」 だった、 と

  • 長谷正人 『映画というテクノロジー経験』 (青弓社, 2010年11月)

を読んで知った

以下は、 同上規則の内容についての概説部分

====================

以下引用

 映画に対する権力介入として私たちが真っ先に思いつくのは 「検閲」 だろう。 明治時代の怪盗映画 『ジゴマ』 (1911年) から大島渚 『愛のコリーダ』 (1976年) に至るまで、 権力は社会秩序を脅かすと判断した無数の映画を上映禁止にしたり、 その問題個所を削除したりしてきた。 つまり権力とは、 映画が表現した政治的・風俗的・性的 「内容」 をチェックしてこれに介入するものだというのが私たちの常識である。 当然そこには、 映画作家の側の 「表現の自由」 や 「思想信条の自由」 の問題が絡んでくることになるだろう。

 しかし、1917年 (大正6年) 7月に警視庁 (東京府) が映画上映を統制する目的で制定した活動写真興業取締規則は、 私たちのこのような 「常識」 からかなり逸脱した奇妙な内容を持っている。 それは例えば、 子ども用映画と大人用映画の区別の命令、 客席を男女別にすることの規定、 説明者 (弁士) に対する免許制の導入など、 要するに映画の 「内容」 ではなく上映の 「形式」 に関する規則がほとんどを占めているのだ。 むろん、 当規制のなかにも 「検閲」 に関する条項も含まれていないわけではない。 第19条に、 検閲した結果 「公安風俗ノ取締上必要アリト認ムルトキハ」 上映を認めないとはっきり書いてあるのだから。 しかし映画関係者を始めとして当時の人々は、 この条項に特別な関心を払っていたようには見えない。 少なくとも当時の新聞記事を読む限りではそうである。 例えば、 7月11日付の 「都新聞」 ではこの規則の内容を 「活動写真館内の衛生、 観覧席、 映画、 表看板、 映画説明の仕方等に関する一切の取締条約を示し」 たものだとだけ紹介している。 どうやら当時の 「常識」 からすれば、 映画 「検閲」 の問題よりもこうした上映方法に関する規制の問題の方が重要だったらしいのだ。

引用おわり: 168-69頁: 漢数字をローマ数字にあらためた

====================

« 自然災害と罪、あるいは悪い出来事と宗教的助言 ―ヨブ記に寄せて― | トップページ | 視覚の近代史、 あるいは映画と世俗 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/51260485

この記事へのトラックバック一覧です: 検閲の誕生 ―大正期の警察と活動写真―:

« 自然災害と罪、あるいは悪い出来事と宗教的助言 ―ヨブ記に寄せて― | トップページ | 視覚の近代史、 あるいは映画と世俗 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ