« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の記事

2011年7月28日 (木)

20世紀の「モダン」、 あるいは技術化した「モダン」と人間の「ピュシス」 ※ 『女は存在しない』 読書メモ②

ちょいと長くなりますが、 引用させていただきます

繰り返しますが、2011年8月28日に予定している

『女は存在しない』 読書会のための参考資料です ( ..)φメモメモ

====================

 「モダン」 は物事の具体的なあらわれの奥に手をつっこむようにして、 その奥から物事の本質を、 抽象的な 「魂 (Spirit)」 のようなものとして、 取り出そうとしてきたのである。 こうしう精神の誕生を準備したのは、 十八世紀からのロマン主義であるけれども、 「モダン」 はそのロマン主義をも踏み越えて、 豊かな具体の世界を解体してでも、 その奥に隠されているはずの 「真理」 を、 世界の表面に一挙に顕在化させようとする衝動に、 さまざまな表現をあたえてみたいと考えたのだった。

 そのとき、 具体の学であったサイエンスが 「現代科学」 に、 具体の世界の表現の技であったアートが 「現代美術」 へと、 それぞれの変貌をとげたのだ。 相対性理論も量子論も、 具体的に目に見える世界の常識が、 そのまま物質の世界の真理をあらわしてはいない、 と宣言した。 セザンヌや印象派の画家たちも、 もう山や蓮や水面を、 以前からの風景画家のように写実的には描かない。 キャンバスに描かれたサン・ヴィクトワール山は、 山の景色ではなく、 画家の目の前の具体的な山の姿をしたものの奥から立ち上がってくる、 なにものか抽象的な生命の運動へと、 本質を変えてしまっている。 「モダン」 は、 具体的な世界の奥に科kされてあるものを顕在化させようとする、 大規模な精神の運動として、 十九世紀の末に西欧にあらわれ、 たちまちにしてサイエンスとアートに革命をもたらすのに成功したのだ。

 しかし、 ここで道は大きく二つに分かれたのである。 […]

 支配的な大きな街道と、 その街道をそれて草原や森の中に分け入っていくかぼそい小道の、 二つの道が、 このとき生まれたのだ。 一方の大きな街道をリードするのは、 「技術的思考」 と呼ばれるものである。 技術の思考は、 自然と生命に信頼を抱いていない。 ももとそれは、 自分にとっては捜査と観察の対象にほかならないものだったし、 物事の具体性の奥から取り出された抽象的なエネルギーや生命の内部に、 自発的な原理にもとづいてみずからの秩序をつくりだしていけるような、 なにかの 「理性」 ないし 「超理性」 が働いているなどとは、 考えることもできない。 そうあんると、 新しい 「モダン」 の世界は、 人間や自然に対して、 外から合理主義的な秩序をあたえることによって、 つくりだされなければならないことになる。

[…]

 しかし、 そのような街道からそれて、 かぼそい小道が走っていることを、 忘れてはならない。 その小道は同じ 「モダン」 から生まれながら、 生命と存在への信頼によって、 技術的思考のつくりだす 「モダン」 とは、 決定的に異なる道を開いてきた。 そして、 あの大きな街道を支配しているのが技術の思考であるとするならば、 この小道の主催者ことは、 「現代美術」 を生み出してきたあおの精神にほかならない。

[…]

 技術やサイエンスは、 その瞬間に立ち上がってくる抽象的ななにものかを、 即座に数値に還元してしまおうとする。 ところが 「現代美術」 はいっさいの還元主義に抗して、 その瞬間の出来事の意味を、 まるごととらえようとする。 具体の世界を破って立ちあらわれてきたこのものは、 自分の内部に、 生産する力と形を生み出すゲシュタルトの原理を宿している。 そのことを、 全霊をこめて信頼し、 進んでその中に自分を投げ込んでいく ―― そういう精神が、 「現代美術」を生み出し、 いつかき消されてもおかしくないほどに細いこの小道を、 これまで守り抜いてきた。 それは 「モダン」 の精神のもっともふくよかな潜在力を表現してこようとしたのである。

「校庭に舞う金の鳥」 『女は存在しない』 376-80頁 (原1998年)

====================

科学・数学・神話・芸術 ※ 『女は存在しない』 読書メモ①

久々の 「中沢新一論」 エントリ☆

2011年8月28日に この本の読書会を企画してます

そのための 材料提供として

====================

[…] 私の考えでは、 神話的思考は、 深く物質的な過程や生命的な過程につながりを持ち、 現実の自然を生み出している 「法則」 を、 無意識の思考の中に 「翻訳」 しあtもののように、 思われます。 これについて、 アインシュタインがこんなことばを残しています。

 この世で驚嘆すべきただひとつのこと、 真実の奇跡とは、 そこに科学というものが存在して、 その中では自然と人間の精神の一点への収斂がおこり、 自由な精神の能力がつくりだした数学的構造が、 世界の構造の理解にまで到達できる、 ということにほかならない。

 同じことが、 神話と芸術でもおこっているのです。 人間の精神がつくりあげる神話と芸術において、 真実驚嘆に値することというのは、 それが科学とは違うやり方で、 世界の構造を表出しているという事実なのであり、 神話と芸術を通じて、 人間は精神と自然との間に、 正しい通路を開拓し続けてきたのです。

「サルタヒコ書簡」 『女は存在しない』 276頁 (原1999年)

====================

2011年7月18日 (月)

JWU映画研究会 2011年7月第4週の予定

今年度前期の最終週!

二の足をふまれていた方、 この機会にぜひおいでくださいませ

==========

直前に 同一建物内ですが 会場変更されることがあります

(ご確認をよろしくお願いいたします)

==========

火曜の夜は メジャー系でつづる映画史!

■ 2011年7月19日 (火) 18:00-21:00

<ジャーマン・ニューシネマの産声!>

  • 『小人の饗宴』 (ヴェルナー・ヘルツォーク, 1970年, 西ドイツ)

====================

金曜の夜は ホラー映画の名作傑作!

■ 2011年7月22日 (金) 18:00-21:00

<ポンジョ・イン・ザ・テューズデイ 改め フライデイ・ナイト・オブ・ホラー VOL. 12>

  • 『呪怨』 (清水崇, ビデオ版1&2, 1999&2000年)

==========

「日本女子大学映画研究会」(同好会に認定済み♪) 主催

研究教育目的・無償非営利

場所は いずれも 日本女子大学・目白キャンパス
http://www.jwu.ac.jp/grp/access.html

会場については 別途お知らせいたしますので、 まずはお気軽に参加希望を私まで!

外部参加も大歓迎です

==========

2011年度前期の最終週!

学生さんをはじめ 多くの皆さんのご参加をいただき 感激です

夏休み期間にはまた別企画をやってみますので

そちらもどうぞよろしくお願いいたします m(__)m

2011年7月 9日 (土)

JWU映画研究会 2011年7月第3週の予定

==========

火曜が名作劇場、 金曜がホラー劇場に 入れ替わりました☆

金曜15日 ゲストの来場が予定されてます (下記ご参照)

==========

火曜の夜は メジャー系でつづる映画史!

■ 2011年7月12日 (火) 18:00-21:00

<ロック・オペラの代名詞!>

  • 『トミー』 (ケン・ラッセル, 1975年, イギリス)

====================

金曜の夜は ホラー映画の名作傑作!

■ 2011年7月15日 (金) 18:00-21:00

<ポンジョ・イン・ザ・テューズデイ 改め フライデイ・ナイト・オブ・ホラー VOL. 11>

  • 『ハロウィン』 (ジョン・カーペンター, 1978年, アメリカ)

ジョン・カーペンター監督の最新作 『ザ・ウォード/監禁病棟』

宣伝担当の方 @twitter が ご参加の予定☆

予告編を上映のうえ、 宣伝なさってくださるそうです♪

これはまたとない機会!

皆様の御来場、心よりお待ち申し上げます _(._.)_

==========

「日本女子大学映画研究会」(同好会に認定済み♪) 主催

研究教育目的・無償非営利

場所は いずれも 日本女子大学・目白キャンパス
http://www.jwu.ac.jp/grp/access.html

会場については 別途お知らせいたしますので、 まずはお気軽に参加希望を私まで!

外部参加も大歓迎です

2011年7月 3日 (日)

JWU映画研究会 2011年7月第2週の予定

==========

火曜が名作劇場、 金曜がホラー劇場に 入れ替わりました☆

==========

火曜の夜は メジャー系でつづる映画史!

■ 2011年7月5日 (火) 18:00-21:00

<詩情と映像美、そして音楽!>

  • 『ベルリン・天使の詩』 (ヴィム・ヴェンダース, 1987年, フランス・西ドイツ)

====================

金曜の夜は ホラー映画の名作傑作!

■ 2011年7月8日 (金) 18:00-21:00

<ポンジョ・イン・ザ・テューズデイ 改め フライデイ・ナイト・オブ・ホラー VOL. 10>

  • 『回路』 (黒沢清, 2001年)

「Jホラー」 の実力と達成を とくとご覧あれ! 超名作!

御来場お待ち申し上げます _(._.)_

==========

「日本女子大学映画研究会」(同好会に認定済み♪) 主催

研究教育目的・無償非営利

場所は いずれも 日本女子大学・目白キャンパス
http://www.jwu.ac.jp/grp/access.html

会場については 別途お知らせいたしますので、 まずはお気軽に参加希望を私まで!

外部参加も大歓迎です

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ