« JWU映画研究会 2011年7月第4週の予定 | トップページ | 20世紀の「モダン」、 あるいは技術化した「モダン」と人間の「ピュシス」 ※ 『女は存在しない』 読書メモ② »

2011年7月28日 (木)

科学・数学・神話・芸術 ※ 『女は存在しない』 読書メモ①

久々の 「中沢新一論」 エントリ☆

2011年8月28日に この本の読書会を企画してます

そのための 材料提供として

====================

[…] 私の考えでは、 神話的思考は、 深く物質的な過程や生命的な過程につながりを持ち、 現実の自然を生み出している 「法則」 を、 無意識の思考の中に 「翻訳」 しあtもののように、 思われます。 これについて、 アインシュタインがこんなことばを残しています。

 この世で驚嘆すべきただひとつのこと、 真実の奇跡とは、 そこに科学というものが存在して、 その中では自然と人間の精神の一点への収斂がおこり、 自由な精神の能力がつくりだした数学的構造が、 世界の構造の理解にまで到達できる、 ということにほかならない。

 同じことが、 神話と芸術でもおこっているのです。 人間の精神がつくりあげる神話と芸術において、 真実驚嘆に値することというのは、 それが科学とは違うやり方で、 世界の構造を表出しているという事実なのであり、 神話と芸術を通じて、 人間は精神と自然との間に、 正しい通路を開拓し続けてきたのです。

「サルタヒコ書簡」 『女は存在しない』 276頁 (原1999年)

====================

« JWU映画研究会 2011年7月第4週の予定 | トップページ | 20世紀の「モダン」、 あるいは技術化した「モダン」と人間の「ピュシス」 ※ 『女は存在しない』 読書メモ② »

03A 思索」カテゴリの記事

04A 連載 中沢新一論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/52331285

この記事へのトラックバック一覧です: 科学・数学・神話・芸術 ※ 『女は存在しない』 読書メモ①:

« JWU映画研究会 2011年7月第4週の予定 | トップページ | 20世紀の「モダン」、 あるいは技術化した「モダン」と人間の「ピュシス」 ※ 『女は存在しない』 読書メモ② »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ