« 目次 ※ 『森のバロック』 読書メモ① | トップページ | 生物学と進化論、あるいは中沢新一の誤謬 ※ 『森のバロック』 読書メモ③ »

2011年9月19日 (月)

天才/革命家の学問/知識/思想、あるいは『森のバロック』の射程 ※ 『森のバロック』 読書メモ②

■ 勉強会 「中沢新一は何を云っているのか? ― 『森のバロック』(文庫版) を通じて―」

  • 2011年9月24日(土) 16時~
  • @日本女子大学目白キャンパス
  • UST中継もやります (詳細後日)

今週末にせまったので いくつかのメモを残しております

ここでは 本書の 「射程」 を見定めておきたいと思います

==========

たとえば、 次のような句

  • 「私たちの未来を開く、思想の鍵」 (69頁)
  • 「来るべき人類の学問」 (96頁)

さらには 次のような一段落

 学問とは、 その様子を見て楽しむためにあるのである。 またその楽しみを、 十分に知りぬいた人のやる学問でなければ、 本当に人間を豊かにすることなどはできない。 熊楠は一生涯、 そういう学問しかやらなかった。 そうでない学問などには、 なんの関心もしめさなかった。 「南方熊楠曼陀羅」 は、 そういう人によって、 人生に至高の楽しみをあたえるための極意として、 考え出されたものなのだ。 「南方曼陀羅」。 まさに、 楽しみは尽きることがない。

105頁

『森のバロック』文庫版実際に焦点を結ぶのは、 どうやら

こうした天才/革命家の学問/知識/思想という水準のようです

さて、その 意義と限界 はどのようなものだろう?

僕の注意がこういうところに向いてしまうのは、もちろん

『森のバロック』原書が1992年、オウム事件の3年前だという事情

それだけが理由なのではありません

《思想/学問/知識にもとづく歴史形成》という

一般的な問題設定への関心にもよります

すなわち

  • 天才的な革命家が 僕らの歴史にもたらしてくれるものはなんだろう?
  • 学問や知識や思想の刷新は 僕らの歴史にとってどんな意義をもつのだろう?

ということです

さらに別の個所もみておきたいと思います

[熊楠は] 未来の学問の全体構造を透視しようとしていたのだ。 そういう学問は、 まだほんとうにはつくりだされていない。 あらゆるものが、 いまだに新しいものにむかっての変化の過程にある。 だが 「南方曼陀羅」 は、 その変化の過程に、 進むべき正しい方向をしめす海図を提供してくれる。

99頁

そうかもしれない(そうでないかもしれない)、 で…

もしそうなら… 学問/知識/思想は

歴史の総体的変化において どのような位置を占めるというのか…?

僕が問題にしたいのは そういった問いです

« 目次 ※ 『森のバロック』 読書メモ① | トップページ | 生物学と進化論、あるいは中沢新一の誤謬 ※ 『森のバロック』 読書メモ③ »

04A 連載 中沢新一論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/52771081

この記事へのトラックバック一覧です: 天才/革命家の学問/知識/思想、あるいは『森のバロック』の射程 ※ 『森のバロック』 読書メモ②:

« 目次 ※ 『森のバロック』 読書メモ① | トップページ | 生物学と進化論、あるいは中沢新一の誤謬 ※ 『森のバロック』 読書メモ③ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ