« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の記事

2011年10月26日 (水)

【講座】 現代宗教論

放送大学の 「面接授業」 のひとつとして

「現代宗教論」 などという大仰なタイトルの連続講義をさせていただいております

放送大学のサイト ⇒ http://syl-web1.code.ouj.ac.jp/ouj-f232/dt-8550.html

私がこれまで取り組んできた研究課題は 以下の3つ

  • 宗教と政治、 もしくは近現代インドの政治とヒンドゥー教
  • 宗教と世俗、 もしくは現代日本の宗教概念をめぐる言説空間
  • 宗教と世俗のあいだ、 映画の宗教学

そこから 一般的な宗教論として引き出した結論を

私としてははじめて 横断的、総合的に論じてみよう、 という授業です

以下、内容の紹介をば

====================

専門科目:人間と文化 | 現代宗教論

【授業内容】

 長足の進歩をやめない科学技術と、 政治経済・文化のグローバル化により、 私たちの日常は激変しています。 そうした情況下、 宗教についての既存の理解や意味づけもまた問いなおされています。
 たとえば、 公的領域 (政治、 法律、 経済、 教育など) であらたに重要性をもつようになった宗教があります。 また、 あらたな宗教団体の発生と展開の脇では、 スピリチュアリティ (霊性) と呼ばれる領域が爆発的に拡大しています。
 これらの現象は、 実は、 ただ単に新奇であるというより、 現在進行中の世界的な支配構造の変化に対応するものです。 そのため、 私たちがこれまでもってきた宗教についての理解や価値づけが、 おそらくは一般に想像される以上の深さから、 変更を余儀なくされています。
 本講義は、 そうした変化をとらえるため、 概念のレベルから考察を説きおこし、 各種事例を位置づけるための包括的な宗教論の再構築を目ざします。

【授業テーマ】

  • 第1回 日本語の「宗教」とは何を表すか
  • 第2回 宗教/世俗の二分法、あるいは宗教概念の三分類
  • 第3回 宗教と世俗のあいだ ―藝術と霊性―
  • 第4回 宗教紛争における宗教 ―南アジアの事例から 問題の所在―
  • 第5回 宗教紛争における宗教 ―南アジアの事例から イギリス植民地支配―
  • 第6回 宗教紛争における宗教 ―南アジアの事例から 現代インドのセキュラリズム―
  • 第7回 宗教と民族、あるいは信仰・宗教団体・宗教分類学
  • 第8回 まとめ 現代宗教論の展開

【学生へのメッセージ】

 宗教についての予備知識は不要です。 むしろ、 「宗教」 という問題について、 既成の理解を一旦脇において、 あらためて考えなおしてみたいとの意欲をもって受講していただいたいと願います。

====================

2011年10月24日 (月)

JWU映画研究会 2011年10月第5週の予定

今週もまた オモシロ映画を皆さんで観ましょー。

==========

直前に 同一建物内で 教室変更になることがあります

(ご確認をよろしくお願いいたします)

==========

火曜の夜は 学生さんたちのセレクション!

■ 2011年10月25日 (火) 18:00-21:00

<ついに来ました!>

  • 『太陽と月に背いて』 (アニエスカ・ホランド監督, レオナルド・ディカプリオ主演, イギリス, 1995年)

ディカプリオの美しさが際立つ一作、 と聞いています

ランボーとヴェルレーヌの2年間の愛の軌跡――

BL / 同性愛 とくくることもできましょうが…

もちろんそれはネタ的なものであって…

詩の狂気と 愛の狂気 美と真理の狂気――

そういうことですよね

(もちろん 同性愛が狂気だ、 と云っているのではありません!)

(念のため)

====================

金曜の夜は コンドウが適当に選ぶ1本!

■ 2011年10月28日 (火) 18:00-21:00

<念願の上映会!wwww>

  • 『パキスタン・ゾンビ』 (オマーカーン監督, パキスタン, 2006年)

パキスタン初のゾンビ映画、 と聞いております

ホントかどうかは知りませんwwww

間違いなくのポンコツ映画!

お好きな方、 チャンスです☆ ぜひお越しくださいませ

==========

「日本女子大学映画研究会」(同好会に認定済み♪) 主催

研究教育目的・無償非営利

場所は いずれも 日本女子大学・目白キャンパス
http://www.jwu.ac.jp/grp/access.html

会場については 別途お知らせいたしますので、 まずはお気軽に参加希望を私まで!

外部参加も大歓迎です

==========

2011年10月17日 (月)

JWU映画研究会 2011年10月第4週の予定

今週末が学祭ですので

火曜はやりますが 金曜はお休みにします

==========

直前に 同一建物内で 教室変更になることがあります

(ご確認をよろしくお願いいたします)

==========

火曜の夜は 学生さんたちのセレクション!

■ 2011年10月18日 (火) 18:00-21:00

<ジャパニメーションの金字塔>

  • 『AKIRA』 (大友克洋原作・監督, 1988年)

学生さんたちの前評判は上々ときいております

みなさん、 どうぞお気軽においでくださいませ☆

====================

金曜の夜は コンドウが適当に選ぶ1本!

■ 2011年10月21日 (金) ⇒ 教室利用の関係で お休み!

先週やった 『切腹』 (小林正樹監督, 仲代達矢主演, 1962年)

あまりにもよかったので、 金曜のなんでも観よう企画は

なかなかいいんじゃないか… って思っております

ちなみに 来週は 『パキスタン・ゾンビ』 やります (笑)

==========

「日本女子大学映画研究会」(同好会に認定済み♪) 主催

研究教育目的・無償非営利

場所は いずれも 日本女子大学・目白キャンパス
http://www.jwu.ac.jp/grp/access.html

会場については 別途お知らせいたしますので、 まずはお気軽に参加希望を私まで!

外部参加も大歓迎です

==========

2011年10月 8日 (土)

JWU映画研究会 2011年10月第3週の予定

今期に入って ちょいと小康状態のこの企画

とくに なかなか1年生が来てくれないのが 悩みの種…

けど! 今週も はりきってやりますよー。

==========

直前に 同一建物内で 教室変更になることがあります

(ご確認をよろしくお願いいたします)

==========

火曜の夜は 学生さんたちのセレクション!

■ 2011年10月11日 (火) 18:00-21:00

<ダークファンタジーの傑作★>

  • 『シザーハンズ』 (ティムバートン監督, ジョニー・デップ主演, 1990年, アメリカ)

私個人的に 「無人島にもっていく1本」 に選出させていただいております

====================

金曜の夜は コンドウが適当に選ぶ1本!

■ 2011年10月14日 (金) 18:00-21:00

<エニシング・ゴーズ VOL. 3>

  • 『切腹』 (小林正樹監督, 仲代達矢主演, 1962年)

60年代の日本映画は 世界一だった、 と常々思ってます

綺羅星のような作品が並びますが、 本作もそのひとつ

1963年、 カンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞しているなど

国内外で 大変評価が高いです

==========

「日本女子大学映画研究会」(同好会に認定済み♪) 主催

研究教育目的・無償非営利

場所は いずれも 日本女子大学・目白キャンパス
http://www.jwu.ac.jp/grp/access.html

会場については 別途お知らせいたしますので、 まずはお気軽に参加希望を私まで!

外部参加も大歓迎です

==========

土井敏邦氏 講演会「日本の中の“パレスチナ” ―福島・飯舘村―」

うちの学生さん (「事務局長」) からチラシをもらいました

うちの大学の学園祭 「目白祭」 本部企画のひとつとのこと

皆さん、 どうぞご来場くださいませ _(._.)_

====================

日本女子大学目白祭 本部企画

講演会 「日本の中の“パレスチナ” ―福島・飯舘村―」

土井敏邦 (ジャーナリスト・映画監督)

パレスチナ、福島・飯舘村、そして私たち…

どんな関係があるのだろうか?

私たちが今、 体験していることを、

どう捉え、 生かしていくのか。

現地を取材した映像を交えて

■ 2011年10月22日 (土) ※ 学園祭1日目 14時00分~16時00分

■ 成瀬記念講堂 (正門を入り右) 日本女子大学目白キャンパス

■ 無料

主催: 本部企画・日本女子大学自治会平和係

==========

土井敏邦 監督Author

 ジャーナリスト。 映画監督。 約26年にもわたって、 パレスチナ・イスラエルを取材してきた。 NHKや民放で数多くのドキュメンタリー番組を手掛けている。 著書多数。 日本ビジュアル・ジャーナリスト協会 (JVJA) 正会員。 イスラエル・パレスチナを取材した映画 『沈黙を破る』(2009年) は、第85回キネマ旬報ベスト・テン映画部門1位、 2009年度日本映画ペンクラブ会員選出文化映画部門第1位、 第9回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞を受賞している。

 現在、 ドキュメンタリー映画 『飯舘村 ―故郷を追われる村人たち―』 を編集中。

====================

2011年10月 1日 (土)

JWU映画研究会 2011年10月第2週の予定

なかなか1年生が来てくれないのが 悩みの種…

けど! 今週も はりきってやりますよー。

==========

直前に 同一建物内で 教室変更になることがあります

(ご確認をよろしくお願いいたします)

==========

火曜の夜は 学生さんたちのセレクション!

■ 2011年10月4日 (火) 18:00-21:00

<ギャング映画の大金字塔!役者陣がしぶくてすばらしい>

  • 『アンタッチャブル』 (ブライアン・デ・パルマ, 1987年, アメリカ)

====================

金曜の夜は コンドウが適当に選ぶ1本!

■ 2011年10月7日 (金) 18:00-21:00

<エニシング・ゴーズ VOL. 2>

  • 『あなたが寝てる間に…』 (ジョン・タートルトーブ監督, サンドラ・ブロック主演, 1995年, アメリカ)

ラブコメディーの隠れた傑作なんだそうです☆

もしかしたら… この研究会で このジャンルは初作品…かも?

==========

「日本女子大学映画研究会」(同好会に認定済み♪) 主催

研究教育目的・無償非営利

場所は いずれも 日本女子大学・目白キャンパス
http://www.jwu.ac.jp/grp/access.html

会場については 別途お知らせいたしますので、 まずはお気軽に参加希望を私まで!

外部参加も大歓迎です

==========

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ