« 清水髙志氏のノート2本 ※『フィロソフィア・ヤポニカ』読書メモ① | トップページ | 10月の映画感想です »

2011年11月 1日 (火)

《宗教と政治》というテーマ設定は論点先取で問題をみえなくしてしまう

今日 ツイッタ―でした連投を こちらに再掲いたします

====================

世に言う 「宗教紛争」 の政治経済的な背景を強調して紹介すると、 判で押したように 「還元主義」 のレッテルがはられてしまう… いやいや… そういうことではなく、 ですね… しかし、 上手に反論する枠組みをかためるのは 思ったよりもむずかしい

《宗教と政治》 というテーマ設定自体が論点先取なんですよね 二つのものがあって、 その関係を問う… これは実態とは異なる観念なんです しかし、 そこを説明するのが なかなかにしてシンドイ、 なかなかなかなか理解してもらえない (*_*)

この 「実態」 を描き出すのには 映像が一番いいはず 言葉を媒介にすると、 途端にその 「実態」 = 「像」 が歪んで 別ものになってしまう しかし、 その歪みは その 「実態」 = 「像」 に触れたことのない人には、 当然気づかれない…

「宗教」 という言葉が かえってモノを見えなくしている… 授業では、現代日本の事例に寄せてそう語ることが多いけれど、 もともと ボクがそのことに気づいたのは 印度のヒンドゥー・ナショナリズム研究においてなのでありました

(ヒンドゥー・ナショナリズムから立てる宗教論、 《宗教復興》 から立てる宗教論 そんな授業 実はやったことがない)

====================

« 清水髙志氏のノート2本 ※『フィロソフィア・ヤポニカ』読書メモ① | トップページ | 10月の映画感想です »

01B 宗教政治学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/53140727

この記事へのトラックバック一覧です: 《宗教と政治》というテーマ設定は論点先取で問題をみえなくしてしまう:

« 清水髙志氏のノート2本 ※『フィロソフィア・ヤポニカ』読書メモ① | トップページ | 10月の映画感想です »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ