« JWU映画研究会 2012年4月第4週の予定 | トップページ | 【公開講座】 映画の宗教学 »

2012年5月16日 (水)

4月の映画感想

4月の鑑賞メーター
観たビデオの数:41本

観た鑑賞時間:4503分

鑑賞メーター

相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン〈通常版〉 [DVD]相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン〈通常版〉 [DVD]
[地上波] 嫌いじゃないTVシリーズ、からの祭りの一環をなす作品 なのだから、単発「映画」として評するのは野暮… 大ヒットしてお金をしっかり稼いだんだから 文句なし、という評価は侮れません ということで、私は私なりの評価基準にしたがい ★3 脚本と演出のこのケレン味、たしかに一つの味でしょうが ボクにはハマんなかった さてしかし…真に大事なのは、この「ケレン味」の正体である… 誰の、何に、それはあんなにも届いたのか…その「深い意味」を透視することが 真に重要なんだとボクは思う まだできないけど(T_T)
鑑賞日:04月29日 監督:和泉聖治

 

ペーパーバード 幸せは翼にのって [DVD]ペーパーバード 幸せは翼にのって [DVD]
a

a

a
鑑賞日:04月29日 監督:

キリング・ゲーム [DVD]キリング・ゲーム [DVD]
予想どおりのおバカなバカ映画♪ 時間がすすむにつれ、ヒドさは増す一方! チーム・ザック・スナイダーを猿まねした戦闘シーン、褒められはしないが それはそれでいいぢゃないかww エグいグロ描写はなかなか印象的(そもそもボクは残酷シーンがすきじゃないww) エロシーンもただ撮りたいから撮ってるだけ あぁアホだww ほか?他ですか? ⇒ なんもないッス! 底の浅い作り手は勿論、映画大国アメリカにもいるのであります ★2つ、1ミリたりとも観る価値なし
鑑賞日:04月29日 監督:ジョナ・ループ

マルサの女2 [DVD]マルサの女2 [DVD]
[CS観賞] 「完全脱税ですッ!」「負けてたまるかッ!コンチクショウッ!」などの台詞…初見から20年以上経っても耳にのこる 時はバブル絶頂期、宗教法人を隠れ蓑にした脱税の手口で有名な本作 実際に観ればわかるが、真に印象的なのは カネと欲にまみれた人間の情念が 善意や義理を押しながし飲みこんでいく様だ… 年齢を重ねてこそ分かる、腹冷えする真理が見事に描かれる とくに好きなのはラストシーン…我が子を孕んだ少女のような愛人を「あそこ」に座らせる鬼沢、そして背の高い金網の向こう側をにらむ亮子たち 文句なしの★5!
鑑賞日:04月29日 監督:伊丹十三

ショーシャンクの空に [DVD]ショーシャンクの空に [DVD]
「カラン」と音でもしそうな軽妙さをもった人間ドラマ 強い意志と希望の力をまっすぐに訴えかける キング原作の持ち味をチーム・ダラボンが上手に処理している証拠だろう ★4つが順当だろうが…別基準での評価を要するのは このエンタメ路線の手際である! 脚本がすばらしくよく出来てる、CLIXを見すえて 中ダレをおさえる工夫がまさしくプロ仕事 そして、この俳優陣の演技よ…参っちゃいますよね これらの点に素直に感服して ★1つUP!
鑑賞日:04月27日 監督:フランク・ダラボン

Love Letter [DVD]Love Letter [DVD]
目下、自作のシナリオと格闘中につき 自分の出来の悪さを思い知らされる いやはや…映画という「作品」としてなんと佳く出来ていることか…ため息が出ました…上映終了で拍手したくなりましたもん 芝居がどうこうとか、メッセージがどうこうとか、演出がどうこうとか、リアリティがどうこうとか…なんかそういうことではなく、「ザ・職人技」が凝縮した工芸品でもみるような感覚に ボクは陥ったのであります 文句なしの★5! なお、娘持ちのボクとしては 娘さんを助けようと必死になる家族には 素直にウルッとくるもんです(*´Д`)
鑑賞日:04月24日 監督:岩井俊二

ホステル3 [DVD]ホステル3 [DVD]
『ホステル』の商標を買い取って、一応フォーマットを拝借しましたよ、ていう作品なのかな、別物の監禁系スラッシャーですね んで、それとして別にとるところなし(脚本の詰めの甘さにツッコム気も起きない) 基本的なことですけど…暴力を劇映画にするには それなりの覚悟(思想なり情念なり)がなきゃね 本作の制作陣にはそれがないんじゃない?って疑わせちゃったらもうダメでしょ?そこに「魅力」が宿らないとダメでしょ?こんな最低素材、それしかないでしょ? 下手なだけでウンザリなのに…あぁあもう… で、★2つ 観る価値なし
鑑賞日:04月23日 監督:スコット・スピーゲル

ラスト・エクソシズム スペシャル・エディション [DVD]ラスト・エクソシズム スペシャル・エディション [DVD]
あ、モキュメンタリー “風” なんだこれ(「風」とはすなわち、音響効果あり、カッティングがときに劇映画的、そして大オチからしてこれは…) 導入部、状況設定をインタビュー形式の台詞で淡々とすませ(それにしても 何故この牧師は取材を受けているのか?カネ?)、本論「悪魔にとり憑かれた少女の救出劇」へと進む 大きな山場はなく、中規模の山場がいくつも用意されている よって退屈こそしないが、カタルシスには欠ける 大オチからしてボクには単に肩すかしだった…「あぁそっちね」と… 低予算で頑張ってる作品、ボク的に★3つ
鑑賞日:04月23日 監督:ダニエル・スタム

スターシップ・トゥルーパーズ [DVD]スターシップ・トゥルーパーズ [DVD]
[BSにて また観てもた、ここに感想書くのも三度目やしww] ヴァーホーベン最高傑作!とボクは確信する もう何から何まで、誇張ではなく「何から何まで」狂ってますww 間違いなく「ヴァ」の色なんだろうが(原作ハインライン、脚本E・ニューマイヤー) ホントにどういう頭の構造なのか、わからんですよ 物語世界の根底をグリッと壊しておく、そしてその上にあるものは 完全にガチの一級品のSFグロ描写を目ざす(予算からしてこれはB級じゃありません) この手法はすごい!類例をみないです いやはや…毎度感服の★5
鑑賞日:04月21日 監督:ポール・バーホーベン

豚人間 [DVD]豚人間 [DVD]
序盤は悪くない、そんで直ぐダレ始めるとww いざ豚人間登場! あとはずっと笑ってましたww でもね…これじゃダメなんだなぁ… 云うのも野暮ですが、創作の厳しさがないよのさ(本作ではとくにアクションについて!) 面白いものを、これでもかこれでもかって追究する努力とセンスだよね大事なのは! B級好きのボクだけど、低予算のおバカなら何でもいいってわけじゃない、単に安易で無能なのはきらいよ(`・ω・´)キリッ ★2つ、観る価値なし ところで、カメラの性能って上がってんだなぁ、序盤のルックスがとてもいい
鑑賞日:04月21日 監督:トニー・スウォンジー

未来を生きる君たちへ [DVD]未来を生きる君たちへ [DVD]
評判はよいし受賞歴もすごいが…ボクには合点がいかない作品だった 勿論この主題には大いに共感する、すごく真摯にすごく本質的な問題に取りくんでますよね 殴られるSQは素晴しい! しかし…親子関係、子どもへの教育方針があまりに共感できなかった、デンマークなど欧米ではこれが「当たり前」なんだろか…親や大人は子どもに対しあまりに及び腰すぎやしないか、裸でみっともなくぶつからなさすぎじゃないか…そう思われて仕方なかった 「アンファンテリブル」ってそういうことじゃないでしょ? つなぎが荒っぽすぎる点も加味して、★3つ
鑑賞日:04月20日 監督:スサンネ・ビア

カッコーの巣の上で [DVD]カッコーの巣の上で [DVD]
[多分20年ぶりぐらい、何度目かの鑑賞] 名作やなぁ…ホンマに名作… 原作→舞台と散々鍛えられた物語を、抑えた脚本がしっかり受け止める 仕掛けのきいた懐ふかいストロークからの、ニ度三度と波状攻撃をしかけてくるCLIX、そして静かな暴力に満ちたED…すばらしいの一言 単純な反体制・自由礼賛に終わらない、人生の陰影をたたえるのは監督の「目」だろう そしてジャック初めとする演者らの存在感! 米映画のホントにスゴいところ(の一つ)がほとばしり出ている、とボクには思われるのでした(78年作品) 当然至極の★5つ!
鑑賞日:04月18日 監督:ミロス・フォアマン

ピラニア [DVD]ピラニア [DVD]
[本編84分、チョードイー尺ですよ] アジャ、いいじゃない☆ 『P2』とか『ミラーズ』ですっかり失望していたので あんなに評判がよかったのに 劇場3Dで観なかったのを後悔しました 面白いッす!グロは満点、お約束処理は満点、エロは及第点以下、バカは及第点、という明らかに “狙ってない” アンバランスがまたバカだというww 「B級」はこうでなくっちゃね☆ 傑作じゃないからこその傑作というボク的には垂涎の作品、ふつうなら★4ですが そういう捩じれた評価軸にもとづき ★5つww
鑑賞日:04月18日 監督:アレクサンドル・アジャ

第三の男 [DVD] FRT-005第三の男 [DVD] FRT-005
学生さんたちと一緒に観た 今の若い人たちの反応がとても楽しみだった…そして予想どおり、本作は彼女たちにつよくアピールはしないようだ 一言でいえば「刺激」が足りない、んだとのこと もっともだww しかし、オッサンとしては こうした傑作はあとあと「効いてくる」と内心ほくそ笑んでいるのです 観てよかったと思える日が必ずくるだろうと… なお、「あの人がよかった」と そんなに映画を観ない学生さんが ずばり!オーソン・ウェルズにたどり着いていたのには驚いた…!やはり桁ちがいの人物だったんだなぁ… ボクの評価は無論★5
鑑賞日:04月17日 監督:キャロル・リード

機動戦士ガンダムUC 4 [DVD]機動戦士ガンダムUC 4 [DVD]
[BDは後日] いやぁおもろいなぁ~、連続で二度観てもた 最初の30分、人間ドラマが描かれていくのだが ちょっと力が足りないかなぁ…シリーズの勢いが消えちゃったのかなぁ…台詞が随分哲学的だけどいいのかなぁ…と不安になったが 杞憂だった! 原作未読なので知らなかったが、なるほど この巻はシリーズのテーマを明確にする巻だったんですね、全てその仕掛けだったんですね まったくお見事な戦闘シーンを最後にとっておいて、そこに「訴え」(戦争・武力紛争・暴力への問い)をボカーンと集中して爆発させる いい!シリーズに★5
鑑賞日:04月16日 監督:古橋一浩

ゾンビ処刑人 [DVD]ゾンビ処刑人 [DVD]
[この手のやつにしては 上々の評判…さて…] 序盤の40分、かなり好き☆ケタケタ笑いっぱなし、センスあるわぁ メタなヴァンパイア/ゾンビ物ですね そして最後の40分もとても佳い 不死者が己れと周囲にもたらす悲哀、アイディアとぶっ飛び感も満点 そこだけなら傑作ですコレ 問題は…中盤の40分…だらだら長くて、整理できてないんだ…要らないカットやシーンやSQがいくらなんでも多すぎる 惜しい、実に惜しい!ギリで★5になれなかった★4作品(こういうパターンは全く珍しい) グロOKの映画ファンには必見の一作です☆
鑑賞日:04月16日 監督:ケリー・プリオー

バイオレンス・トラップ [DVD]バイオレンス・トラップ [DVD]
おバカ映画やなぁ♪ ホッとするよこういうのってww ルックスとカッティングが今ッぽいだけの、完全なるセクスプロイテーション映画!ひたすら下賤な趣味を、映画をちゃんと勉強しているスタッフ・演者が ただ開き直って撮った、見事なほどのZ級作品ww ただそれだけ、せめてもの「狂気」が宿って………もいない(=_=) ★2つ、まったく一分たりとも観る価値なしッ!ww
鑑賞日:04月16日 監督:ダン・ガルシア

別離別離
あれぇ…評判ほどではなかったなぁ…期待のハードルを上げすぎたかな… イランの裁判の現実がよく知れたという点を勘案して やっとこさの★4つってとこだなぁボク的には… (自分の観賞眼に不安が…) 主人公の奥さんのキャラが初っ端からつかめなかったのが痛かった、チューニングが合わないまま終幕へ カタルシスを排した脚本、演出なのはわかるが、それにしても…困ったなぁ…と思っちゃいました 眠くならず、集中して観たんですけどね…観なおした方がいいのかもしれない…他の方の感想をまちます_(._.)_
鑑賞日:04月15日 監督:アスガー・ファルハディ

キリング・フィールズ 失踪地帯キリング・フィールズ 失踪地帯
不遜にも…脚本と演出が役者さんたちの芝居に完全に負けちゃってる作品やなぁ…という感想 生意気ホントに御容赦で云わせていただきますと…二人の主人公のキャラがよく分からなかったです、何を大事にして 何を求めているのか…NYとテキサスという対比で 米国人ならすぐ分かるもんなんでしょうか…? そのまま、連続殺人事件に取り組まれても戸惑ってしまい(単なるお仕事でなくなる契機が不明)、それで犯人を取逃がしたりすると 「なんだよ、無能だなぁ」としか思えないという… すいません、★3つでお願いしますm(__)m
鑑賞日:04月15日 監督:アミ・カナーン・マン

スティーヴン・キング 痩せゆく男【廉価版2500円】 [DVD]スティーヴン・キング 痩せゆく男【廉価版2500円】 [DVD]
[CS観賞 ちゃんと全部観たのは初めてかも] さすがトム・ホランド!「ジ・アメリカン・ホラー」といった趣(何とも云えない軽妙さ、得体が知れなく “ない” ものの恐怖、肉体破壊の現前、等など)、全開です 違和感もあるらしいオチ、まぁこんなもんでよろしいんじゃないでしょうか、この軽さこそが原作者キングの味なんだと思いました このジャンルとして、★4つを進呈_(._.)_ なお、もちろん本作は「ロマ差別」を逆手にねじってとった 「私たち」の戯画を「ホラー」へとつなげる作品なわけです 気軽に観賞できる一本ですよ
鑑賞日:04月15日 監督:トム・ホランド

BIUTIFUL ビューティフル [DVD]BIUTIFUL ビューティフル [DVD]
悲しみ…悲しみ…悲しみ…切り刻まれるような悲しみ…イニャリトゥ監督はいつもそれを撮ってきた 自らの脚本で、群像劇をやめた本作もまたそうだ 不法移民、娼婦(あるいは娼婦同然の女たち)、貧困者、子ども、同性愛者、精神障害者、未組織労働者 そして巫者と死者あるいは死体そのもの バルセロナの真ん中、そうした悲しみと優しく懸命な生の吹き溜まりのような「場」に、お馴染の手持ちカメラが 深い愛にあふれてグニョングニョンと肉迫しつづける 重そうだな、と思われる方もいようが、これは間違いなく★5の傑作です ぜひご覧あれ!
鑑賞日:04月14日 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ

コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
[CS鑑賞] マイケル・マン節さく裂の一作!あまりにそうなので、ちょっとホノボノとした気分にすらさせられましたww つまり、カッチョエェとはこういうことさ…ってやつ 脚本は大物S・ビーティーですが(抑え気味のグル―ヴで乗りきれないところもあるが 会話や展開はさすが) 結局マン節が圧倒しているとの印象 その美学にトム・クルーズ、J・フォックスがしっかり応えます、美しく力づよい佇まいと達者な芝居にため息 「シブいエンタメ」とでも呼ぶべき米映画界最近の潮流のひとつを感じさせる一作でした(04年作) 満足の★4つ
鑑賞日:04月14日 監督:マイケル・マン

ゾンビ ディレクターズカット版 HDリマスター・バージョン [DVD]ゾンビ ディレクターズカット版 HDリマスター・バージョン [DVD]
[皆で一緒に観た 平均★3つちょい] 今日確信した…こいつは「偉大なポンコツ映画」だ!つまり★1か★5しかないのだ! 3週間前、ボクは本作を★5としたので 今回は★1にしたいと思う、ハッキリ言って気まぐれ以外のなにものでもない!ww 上手なところが皆無なのに(脚本から演出、ポスプロまでww) この魅力はどうだ! タガの外れた世界、消費主義とコマーシャリズムとゾンビーの重ね合わせ… てんでバラバラになり「本能」だけが支配する世界 それを「下手くそ」な映画表現が生々しくとらえていくのである!すばらしいやないか
鑑賞日:04月13日 監督:ジョージ・A・ロメロ

英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray]英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray]
昨夜観て あまりによかったので二日連続で鑑賞♪ う~~ん…やっぱり素晴らしい…! 美男でもないオッサンとおじいちゃんが主人公なんだが こんなにも魅力をふりまいてくれるのは 誇りうる大義と揺るがぬ自覚と命がけの取り組みが描かれているからだ なるほど彼らの生は善そのものではないかもしれない、しかし見事な生き様ではあるのだ その価値を、イギリスらしい上品さにあふれる知性と技術で 文句なしの「劇映画」に仕上げてくれている ありがたや、ありがたや あらためて★5つ!
鑑賞日:04月12日 監督:トム・フーパー

大人は判ってくれない [DVD]大人は判ってくれない [DVD]
[皆で観た 中座して感想がきけなかったのが超残念] 好きだなぁこの作品… どこが佳いと明確に指摘できないんだが いい、★5なんだよなぁ 不幸な生い立ちの不良のガキの話にすぎないのに この奥深さはどうだ…! 雰囲気重視といえばそうであり、これを仮に真似したら ただつまらないだけの作品が出来あがるだけだろう…自伝的作品ということもあろうが、一つひとつがヒリつくのよなぁ…ヒリヒリするのよなぁ… 映画史的な重要性がボクのなかで加味されているだけなんだろうか、いろんな人の率直な意見が聞きたいな
鑑賞日:04月11日 監督:フランソワ・トリュフォー

英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray]英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray]
いい…実にいい!娯楽と藝術をいっぺんに体現した理想的な「映画」、と評してよいはず 一流の俳優陣の一流のわざと心意気、一貫して上品かつ意志を感じさせる画と音、そして美術や編集などなど、スキがないったらありゃしない、感服です 何より、この計算され尽くした脚本よ 派手なアクションや事件があるわけでもないのに、ギュウっとテンションを高めていくのに成功している、こりゃスゴイ 真っ当な指導者としての王、王室お馴染のドロドロの内幕、そして障害とコンプレックスという個人像――この造形が秘密でしょうね いやはや無論の★5つ
鑑賞日:04月11日 監督:トム・フーパー

アーティストアーティスト
ズバンとはまりました、傑作!★5つ とにかくオシャレシャレ、仏映画ならではといってよい空想/夢の美的センスが素敵です☆ 特筆すべきは、映画的知性のこの高まり!サイレント+モノクロはギミック…これは、映画表現法を意識しつくした、全く現代的な作品だと思います ごく定型的なメインプロットをあえてもってきて、それがもつ「力」を現代の観客にどう伝えるか…そういう試みだと受けとったですよ(なぜ犬があんなに…という問いもそこに関わりましょう) 手放しの称賛を贈る数少ない日本語話者のひとりに名乗りをあげたいと思いますww
鑑賞日:04月10日 監督:ミシェル・アザナヴィシウス

ミッション:8ミニッツ ブルーレイ+DVDセットミッション:8ミニッツ ブルーレイ+DVDセット
面白い☆ SFスリラーからの人間ドラマ、D・ジョーンズのお家芸になりそうだ、制作の手際がすごくよい! ジャンルこそ違え、シャマランが登場したときと似た衝撃がある(ただし 本作の脚本はベン・リプリー) ホラーにくらべ、SFガジェットではフェティッシュな興奮を超える「大衆の話題」にはなりにくいんだろう… 端的にお話がむずかしくなっちゃう、映画世界への導入(最初の15分)が知的にすぎる、ってことなんだろう、これは現代のSFではなかなか避けがたい困難だ… 仕方ないとはいえ残念だなぁ 満足の★4つ
鑑賞日:04月09日 監督:ダンカン・ジョーンズ

ヒストリー・オブ・バイオレンス [DVD]ヒストリー・オブ・バイオレンス [DVD]
映画演出の勉強のため 消音観賞 分析してはいけない、語学習得でただ聞き流すのが効果的であるように、「ただただ観る」ことを心がけよ、との教え これがなかなか難しい、ただただ観ていると ふつうに眠くなるから(笑)
鑑賞日:04月08日 監督:デイヴィッド・クローネンバーグ

悪魔のしたたり ヘア無修正版 [DVD]悪魔のしたたり ヘア無修正版 [DVD]
その筋では名にし負うZ級最低映画(セクスプロイテーション・グラインドハウス)! あらゆる意味で “最低” でしかない 「バカだね~」とか「気が狂ってるなぁ」とか「何をしてるんだろう」とか「スゴイねぇなんかこれスゴイよ」とか、そんな感想しかない 90分間、ずっとそれ、ただそれだけ 採点拒否!www
鑑賞日:04月07日 監督:

THE WAVE ウェイヴ [DVD]THE WAVE ウェイヴ [DVD]
面白い! 制作陣の腕がすばらしく、映画世界にグイグイ引き込まれる 実話ベースとはいえ荒唐無稽な物語なのに 「ありえる」と思わせる、これぞ映画体験!映画はかように「作る」べきなんだよなぁ その秘密の一つが「前のめり感」だ…注目は前半、編集やカットが急いていない(と見える)のに、先へ先へと進む勢いがある 中盤以降のテンポアップが不足気味だが、ボクなぞは驚く…制作陣のセンスと云うしかない(と、今日教わった) う~ん、映画は不思議だ 超満足の★4つ…サブプロット整除とCLIXの突出力の不足が惜しまれる
鑑賞日:04月05日 監督:デニス・ガンゼル

CITY OF DOGS [DVD]CITY OF DOGS [DVD]
ホントにどうしようもない街…80年代半ばのクィーンズ… そこでの若者たちの営みには、田舎のハンパ不良あがりのボクですら 強烈な距離感をいだく それは主人公=監督の感覚でもある、つまり…ボクにこの映画はちゃんと届いた 故郷を捨て、記憶を捨て、絆を捨て、別人のようになって中年になる…そして…あの悲しみと優しさにあらためて気づく… 感傷的すぎるかもしれないが、たしかな思いのこもった作品、映画制作の技術もすばらしい 大々満足の★4つ あぁそれにしても…米の俳優はなんて芝居がうまいんだろう…抜群にうまい!すごい
鑑賞日:04月05日 監督:ディート・モンティエル

ブラッド・ダイアリー [DVD]ブラッド・ダイアリー [DVD]
[久々にやり始めた低予算おバカ・スリラー/ホラーの連続観賞ww] 最初の5分でわかる、★2つ!観る価値なしww 脚本がシッチャカメッチャカで そもそも劇映画として観賞できません 殺人への思索も貧弱すぎて目もあてられません 見事なダメ映画、脚本から何から さすがに勉強不足は否めない、ここまでいっちゃってると かえって愛着も湧きますね(いえ、湧きませんww) なお、前から疑問だったんですが、この手の安っぽい画はどうして?カメラの問題でも照明の問題でもないだろうから、カメラマンの腕がわるいんですかねぇ…?
鑑賞日:04月05日 監督:アンディ・ハースト

REC:レック/ザ・クアランティン2 ターミナルの惨劇 [DVD]REC:レック/ザ・クアランティン2 ターミナルの惨劇 [DVD]
[『REC/レック2』と間違えてレンタル 最近このパターンが多い、てかこの邦題の付け方にまんまと引っかかってるオレ] OP SQから低予算の香りがただよう、大好物です☆ うん、いんじゃないですかね 米映画お得意の「ゾンビ」物(もはや「ゾンビ」の定義は拡大される一方だがww)、ちゃんとやってる サラ~リと流し観るのにちょうどいい感じ ★3つ
鑑賞日:04月04日 監督:ジョン・ポーグ

ザ・ヒットマン [DVD]ザ・ヒットマン [DVD]
[サヴィエ・ジャン監督の『ヒットマン』と間違えてレンタル ベルギー/オランダ合作] 仏映画と米TVドラマのミックスのような独特の雰囲気 脚本がなかなかこっている、お約束の展開をきれいに踏みながら なかなかEDをもってこない CLIXがいくつかあるようなもので、間延びした感がするのはそのせい 他方、悪役の造形がなんとも定型的、「悪代官」のレベルww 勿論それは悪いことじゃない 仕掛けも面白いし、画もクールだし、役者もきわめて達者…でも乗りきれなかったな 引っかかるところがなかった ★3つ
鑑賞日:04月03日 監督:

電人ザボーガー スペシャルエディション(Blu-ray Disc)電人ザボーガー スペシャルエディション(Blu-ray Disc)
面白かったぁ♪ 劇中の台詞「リアリズムを超えてやる〜!」←これが井口監督ら映画屋の叫びですね、共感というより勉強になります、頭が下がります、ホントにすごいです その上でなんですが…オトボケ具合の調整がむずかしいところなんでしょうね、ボクにはちょっと過剰だったです(『富江アンリミテッド』のオトボケ度合いこそが あまりにもドンピシャでした) この辺りはごく個人的な評価ということになりますが、とにかく佳くできた作品 すばらしい 超満足の★4つ なお、エンドロールで膝をうちました!ナルホド!そういうことですか
鑑賞日:04月03日 監督:

ザ・ゲーム [DVD]ザ・ゲーム [DVD]
これでいいんか?ボクにはとことん面白くなかった… マネー至上主義、美容整形大肯定の現代韓国の風俗・価値観を批判してるんだろうが…いくらなんでも荒唐無稽すぎる 日本の漫画が原作のようだが、実写映画がやっていい限度を超えちゃってるよ サッパリ開き直っての「漫画っぽさ」、ここでは全く失敗だと思う 加えて、90分間が退屈な脚本、深みや凄みを欠いた画、とくればもう…(涙) 唯一の救いは、一流の役者陣の一流の芝居、ホントに素晴しい! それがかろうじて支えるだけの作品、と思いました 残念ですが★2つ、観る価値なし
鑑賞日:04月02日 監督:ユン・イノ

インシディアス [DVD]インシディアス [DVD]
前半、ちゃんと「怖い」じゃないのコレ!子どもが追いつめられる恐怖(子持ちには最大の恐怖)がしっかり描かれている 「どうなるの、どうなるの」と声が出るほどドキドキさせられる すばらしい しかし後半は…あぁあ…サイキック戦争のフォーマットかぁ…ゾンビみたいなお化けが集団で「ウワァ」って襲いかかって来てもさぁ、苦笑いしか出ないよ…悪い意味での「ゲーム」、子ども騙しにすぎないよこれじゃぁ…残念だなぁ ★3つ、後半だけなら★2つ(=観る価値なし)
鑑賞日:04月02日 監督:ジェームズ・ワン

ドライヴドライヴ
一緒に観た嫁が「主人公、めっちゃセクシーやったわぁ」って云ってました ここが感得できるとできないでは 映画の評価が大きく変わっちゃいますね(ボクは云われて気づきましたww) シネフィルっぽいこだわりに満ち満ちた映画、先行作品への参照をビシビシ飛ばしつつ 独自のセンスでグイッと芯を通す かといって、シネフィル特有のイヤラシサが鼻につきすぎるわけでもなく エンタメ作品としても(ちょっとゆったりしすぎだが)上々の仕上がり! 脚本がゆるいところがあったのが、玉に瑕だったかな(生意気御容赦) 大満足の★4つ
鑑賞日:04月02日 監督:ニコラス・ウィンディング・レフン

127時間 ブルーレイ&DVDセット (初回生産限定) [Blu-ray]127時間 ブルーレイ&DVDセット (初回生産限定) [Blu-ray]
実話ベースのサバイバル物…究極の状況に追い込まれる主人公を、ダニー・ボイル組がばっちり☆劇映画に仕上げてます(結末はまぁ分かりますよね…) メッセージもある が何より、映画としてとにかく上手い!密閉空間で登場人物が一人、それで60分をかせぐのは至難のわざ お馴染のスタイリッシュな映像と音楽と編集を、しっかり考えこまれた脚本とカッティングに組合わせてるわけですね ボイルのスタイルは実は好みじゃない、けどスゴイのは全面的に認めます そしてCLIXの尋常じゃなさには素直に感服 ふつうに面白かった、★4つ
鑑賞日:04月01日 監督:ダニー・ボイル

モンガに散る スペシャル・エディション [Blu-ray]モンガに散る スペシャル・エディション [Blu-ray]
長尺で中ダレするのが玉に瑕ですが…面白かった なんたるドストレートな映画!真っすぐな男の子たちの青くさい友情、極道の冷徹な論理、命がけのすれ違い、そして失われた父親と可憐な少女娼婦… 亜熱帯の街を舞台に いつかどこかで見た物語が、定型性とお約束を真正面からやりきることでつづられていきます ここまで開きなおってると、お好きな方にはドはまりし、ダメな人には100%ダメという作品でしょうね ボクは、こういうのは好きなはずなんですが ハマりきりませんでした 撮影と演出に煌めきがあるので悩ましいのですが…★3つ
鑑賞日:04月01日 監督:ニウ・チェンザー

« JWU映画研究会 2012年4月第4週の予定 | トップページ | 【公開講座】 映画の宗教学 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/54655983

この記事へのトラックバック一覧です: 4月の映画感想:

« JWU映画研究会 2012年4月第4週の予定 | トップページ | 【公開講座】 映画の宗教学 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ