« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の記事

2012年7月20日 (金)

脳科学と宗教、もしくは神秘体験 【参考文献表】

先日 「脳科学と宗教、 もしくは神秘体験」 ということで

参考文献のリクエストがあったので 作りました

そのままコピペいたしますので、 どうぞご笑覧ください_(._.)_

====================

  • 脳科学を「絶対視」する傾向には 十分ご注意ください。 「脳科学神話」などという揶揄の表現もあるほどです。
  • 同時に、この分野では、(疑似)宗教的、もしくは「スピリチュアル」な関心をもつ方がたの著作が、科学者の著作と並んで語られる傾向があります。 著者の来歴だけでなく、著作の内容について、批判的な検討がつねにもとめられます。

一番のオススメ

  • ジル・ボルト・テイラー 『奇跡の脳』 竹内薫訳, 新潮社, 2009年2月. ⇒ 新潮文庫版あり

その他 (50音順)

  • 篠原菊紀 『脳は、あなたにウソをつく』 KAWADE夢新書, 河出書房新社, 2012年6月. [コンドウ未読]
  • 立花隆 『生、死、神秘体験』 講談社文庫, 講談社, 2007年5月 [原1994年].
  • 苫米地英人『洗脳原論』春秋社,2000年2月.
  • ―――― 『スピリチュアリズム』 にんげん出版, 2007年7月.
  • 中野信子 『脳科学からみた 「祈り」』 潮出版社, 2011年12月.
  • アンドリュー・ニューバーグ/ユージーン・ダギリ/ヴィンス・ロース 『脳はいかにして〈神〉を見るか ― 宗教体験のブレイン・サイエンス』 茂木健一郎訳,  PHPエディターズグループ, 2003年3月.
  • ジョン・ヒック 『人はいかにして神と出会うか ―宗教多元主義から脳科学への応答』 間瀬啓允/稲田実訳, 法藏館, 2011年3月.
  • バーバラ・ブラドリー・ハガティ 『聖なる刻印 ―脳を変えるスピリチュアル体験』柴田裕之訳,河出書房新社, 2010年12月.
  • ジョン・ホーガン 『科学を捨て、神秘へと向かう理性』 竹内薫訳, 徳間書店, 2004年11月.
  • 養老孟司/森岡正博 『対論 脳と生命』 ちくま学芸文庫, 筑摩書房, 2003年2月 [原1995年].
  • V・S・ラマチャンドラン/サンドラ・ブレイクスリー 『脳のなかの幽霊』 山下篤子訳, 角川文庫, 角川書店 (角川グループパブリッシング), 2011年3月.
  • ―――― 『脳のなかの幽霊、ふたたび』 山下篤子訳, 角川文庫, 角川書店 (角川グループパブリッシング), 2011年5月.

脳科学と精神医学

  • 岡野憲一郎 『脳科学と心の臨床 ―心理療法家・カウンセラーのために』 岩崎学術出版社,2006年11月.

====================

一番のお勧めは 上に書きましたとおり

ジル・ボルト・テイラー 『奇跡の脳』 で決まりですが

二番目は? と聞かれたら 

ニューバーグ/ダギリ/ロース 『脳はいかにして〈神〉を見るか』 をあげようかな

って思います

なお ご覧のとおり、 2000年代に入ってから バタバタバタっと出版がありました

とくに 2010年代の活況ぶりたるや!

何かを暗示しているのは 間違いないでしょうね (-。-)y-゜゜゜

それとも単に 苫米地さん登場の余波?

====================

【追記】 次の近刊書を ご紹介いただきました

  • デヴィッド・ルイス=ウィリアムズ 『洞窟のなかの心』 港千尋訳,講談社,2012年8月.

版元ドットコムさん 「近刊検索β」 では こちら

====================

【メモ 120830】 この本も読まなきゃ

  • 芦名定道・星川啓慈(編) 『脳科学は宗教を解明できるか―脳科学が迫る宗教体験の謎』 春秋社,2012年8月.

2012年7月 8日 (日)

中沢新一は何を云っているのか? 第6弾

前回 『カイエ・ソバージュ 3 愛と経済のロゴス』 を読みましたので

今回 『カイエ・ソバージュ 4 神の発明』 を読みます

UST中継もしますが ぜひ直接お話しをしませんか

参加者 随時募集中です~。 私までどうぞご連絡を☆

==========

■ 勉強会 「中沢新一は何を云っているのか? ― 『カイエ・ソバージュ 4 神の発明』 を通じて―」

  • 2012年7月28日(土) 17時30分~
  • @日本女子大学目白キャンパス
  • UST中継もやります ⇒ こちら

※ 5巻が一冊になった愛蔵版っていうのもあるんですね

==========

【追記 120727】

ツイッターの上で いろいろやり取りをいたしております

まとめましたので どうぞご覧くださいませ

※ 中沢新一『カイエ・ソバージュ4 神の発明』読書会に向けて

==========

2012年7月 6日 (金)

ホラー映画小史 1960年代まで

いろいろ調べてみました。 初級者向けのホラー映画小史です

====================

ホラー映画の元祖としてしばしば名前があがるのは、 『スコットランドの女王、メアリーの処刑』(アルフレッド・クラーク,米)。 しかし、 これは十数秒の短い映像作品だった。

後のホラー映画に直接つらなる作品は、 1920年代のドイツで作られた。 『カリガリ博士』(ローベルト・ヴィーネ監督,1920年)、 『吸血鬼ノスフェラトゥ』(F・W・ムルナウ監督,1922年)である。

同じ時期、 アメリカでも、 ロン・チェイニー主演で 『オペラ座の怪人』 が映画化されている。

1930年代に入ると、 ホラー映画はアメリカで大発展する。 その皮切りは、 1931年の 『魔人ドラキュラ』 と 『フランケンシュタイン』 である。 いずれもユニバーサル映画社の作品で、 同社はこのジャンルをけん引する役割を果たすことになる。 そこでは、 吸血鬼、 ミイラ、 狼男などの 「モンスター」 が続々と登場する。

第二次大戦後、 低迷期をむかえたアメリカン・ホラー界に対し、 世界的なヒット作を生み出したのは、 イギリスのハマー・フィルム・プロダクション。 そこでもやはり、 フランケンシュタインやドラキュラが人気を集めた。

こうした流れは、 当時の日本では 「怪奇映画」 という言葉で受容されていた。

ヒッチコック監督の名作 『サイコ』(1960年) は、 猟奇殺人者を主人公にすえた作品として、 後のホラー映画に大きな影響を与えた (ただし、 『ジキル博士とハイド氏』 の映画化は、 すでに1920年になされていた)。

同時期にはまた、 「ゾンビ映画」 が確立する。 1968年、 ジョージ・A・ロメロの 『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』 である。 アメリカ映画で、 ゾンビそのものは1930年代以来のお馴染のキャラクターだった。 実際、 本作に強い影響を与えた 『地球最後の男』(1964年,米・伊) の原作は、 1954年に発表されたリチャード・マシスンの小説 『I Am Legend』(複数の邦題で邦訳あり) である。 しかし、 後のゾンビ映画の基本的なルールを定めたのは、 ロメロの同上作品であった。

さらに、 悪魔/悪霊物としては、 1968年に、 ポーランド移民のロマン・ポランスキーの脚本・監督で 『ローズマリーの赤ちゃん』 が公開され、 その後のこのジャンルに決定的な影響を与えることになる (『エクソシスト』 は1973年、 『オーメン』 は1976年)。

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ