« 日本の近世における世俗的な秩序化 | トップページ | 自然概念にまつわる言説空間 -現代日本の場合- »

2012年8月30日 (木)

20世紀初頭の東京の映画事情

前便 「日本の近世における世俗的な秩序化」 でも紹介した

佐藤弘夫ら(編) 『概説 日本思想史』 (ミネルヴァ書房, 2005年)

日本思想史の一断面として 「映画」 の流行をあげている

第Ⅳ部 「近現代の思想」 中の

「第22章 都市と大衆の思想」 (渡辺和靖) の一節です

===================

 [20世紀の初頭] なんといっても、新しい時代の娯楽の王者は映画である。

 日本において、映画が注目されるようになったのは、日露戦争[1904~05]の進行状況を報道するニュース映画が各地で上映されたことに始まる。さらに明治40年代[1907~11]に至って、浅草を中心として商業映画が流行し始めた。その様子を、荒畑寒村(1887~1981)がその自伝において劇的なかたちで証言している。

 1908年(明治41)6月、寒村は「赤旗事件の前日」浅草に遊んだ。

唯一の常設映画館であった電気館に入り、十二階と称した凌雲閣に登って東京の市街を俯瞰し、その下の「びっくりぜんざい」で腹一杯駄汁子を食って帰って来た。それが懐かしの東京に対する私の惜別なのであった。

 二年後、赤旗事件の刑期を終えて、寒村は再び浅草を訪れる。

当分の名残りのつもりで浅草に遊んだ時、電気館一軒よりなかった映画の常設館が今では軒をつらねて、玉乗りだの改良剣劇だのの小屋はもうほとんど見られなかった。そして映画そのものの内容も昔とは一変して、長編のドラマ化された『ジゴマ』などが人気をよんでいた。

 連続活劇映画「ジゴマ」[1911年製作の仏映画、日本公開も同年]については、堀辰雄(1904~53)が初期の短編「手のつけられない子供」で次のように描写している。

「ジゴマごっこ」といふ一種の遊戯が僕らの間に流行しだしたのは、それから間もなくのことでした。/それは、僕らの中のもつとも強いものがジゴマに選ばれ、それから次に強いものがニック・カーター探偵になり、その他のものは三人がジゴマの乾分に廻される外、全部ニック探偵の部下になつて、ジゴマを捕縛するために大活躍をするといふ遊戯でした。

 また、萩原朔太郎[1886~1942]は、『月に吠える』[1917]に収録された「殺人事件」において次のように歌っている。これが浅草で映画「ジゴマ」を見た印象をもとに制作されたという指摘がある。

とほい空でぴすとるが鳴る。/またぴすとるが鳴る。/ああ私の探偵は玻璃の衣装をきて、/こひびとの窓からしのびこむ、/床は晶玉、/ゆびとゆびとのあひだから、/まつさおの血がながれてゐる、/かなしい女の屍体のうへで、/つめたいきりぎりすが鳴いてゐる。(第一連)

 最先端の東京は、ラジオやレコードという新しく登場したメディアを通じて全国各地に流された流行歌「東京行進曲」[1929]にそのほとんどが取り入れられている。

昔恋しい、銀座の柳/粋な年増を 誰が知ろ/ジャズでをどつて リキュルで更けて/あけれや ダンサァのなみだあめ//恋の丸ビル あの窓あたり/泣いて文かく 人もある/ラッシュアワーに 拾つたバラを/せめてあの娘の 思ひ出に//広い東京 恋故せまい/いきな浅草 忍び逢ひ/あなた地下鉄 私はバスよ/恋のストップ まゝならぬ//シネマ見ませうか お茶のみませうか/いつそ小田急で 逃げませうか/変る新宿 あの武蔵野の/月もデパートの 屋根に出る(西条八十作詞、中山晋平作曲、佐藤千夜子唄)

 4番の前半部分は、初め「長い髪して マルクスボーイ/今日も抱える 赤い恋」となっていたのを、レコード会社側の自主規制によって現在のように変えられたという。スタイル自体は七七七五の都々逸を二つ合わせたような形になっているが、ジャズ、丸ビル、ラッシュアワー、地下鉄、シネマなど、内容はきわめてアップ・トゥー・デートなものであることが分かる。

=========

258-9頁: ルビ省略

【引用者注】 流行歌 「東京行進曲」 とは、 日本で最初の映画主題歌。 その映画も、同題の『東京行進曲』(1929)

==================

« 日本の近世における世俗的な秩序化 | トップページ | 自然概念にまつわる言説空間 -現代日本の場合- »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/55540531

この記事へのトラックバック一覧です: 20世紀初頭の東京の映画事情:

« 日本の近世における世俗的な秩序化 | トップページ | 自然概念にまつわる言説空間 -現代日本の場合- »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ