« ポピュラー・ナショナリズムを支える大情況― テッサ・モーリス=スズキ(2002)より | トップページ | あらゆる原理主義に反対する多元主義― テッサ・モーリス=スズキ(2002)より »

2013年4月25日 (木)

現代インドの religion 概念をめぐる言説空間 (仮説)

これはメモです

仮説を思いついたので、文字通りの「備忘録」です

====================

特定の語が、日常的な用法にまで拡散していくとき

(その語の 権力的=言説論的配備が 上々にすすんだとき)

その(再)定義は かなり困難になる

こういう場合、形式的な整理をおこなうのが有効だ

すなわち、 《原義・狭義・広義・比喩的用法》 という四つに

拡散し乱反射する作用体としての、特定概念の意味内容を附分けする――

これがとっても有効だ

(と、ボクは発見したけど きっと何かの教科書にはもうすでに書いてあるんだろう)

==========

まずは 「原義」 を確定すると、見通しはつけやすかろう

これも、形式的に引き出される智恵だ

例えば…

現代日本の「宗教」概念の「原義」は、「宗教法人法の前文」に対応した観念である

これがボクの研究成果だ

【130426追記】

現代日本の「宗教」概念の「原義」として もうひとつ

  • 世界各地域における諸伝統としての諸宗教(宗教分類学)

というのも加えたい

すなわち、現代日本語の「宗教」は いわば二つの核をもつのだ

==========

南アジア地域研究者のはずのボクが 何故日本のことなんかをやっているか…

それは、南アジア(とくにインド)の religion 概念をめぐる言説空間が

とにかく複雑すぎて ボクの手には負えない、

まずは 扱い慣れた日本語で、宗教概念をめぐる言説空間をとらえてみよう…

こういう研究デザインによっていたわけです

==========

そうこうしているうちに、早4年!

そろそろ、現代インドの religion 概念をめぐる言説空間 に手をつけてみようか…

ということで 考えてみました――

現代インドの religion 概念(英語)の「狭義」は…

  • Census(国勢調査)における調査項目のひとつとしての Religion
  • 西洋のオリエンタリズムにおける Spirituality; Meditational

という二つに対応する観念である…

====================

以上、備忘録でした

« ポピュラー・ナショナリズムを支える大情況― テッサ・モーリス=スズキ(2002)より | トップページ | あらゆる原理主義に反対する多元主義― テッサ・モーリス=スズキ(2002)より »

01A 宗教学」カテゴリの記事

02A 南アジア研究」カテゴリの記事

02B 《神秘のインド》 という表象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/57242182

この記事へのトラックバック一覧です: 現代インドの religion 概念をめぐる言説空間 (仮説):

« ポピュラー・ナショナリズムを支える大情況― テッサ・モーリス=スズキ(2002)より | トップページ | あらゆる原理主義に反対する多元主義― テッサ・モーリス=スズキ(2002)より »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ