« ミメーシスの未知の空間、あるいは予期不可能な未来 | トップページ | [ワークショップ] 新しい文化=経済圏のつくり方――新しい食・肉・文化をもとめて »

2014年2月21日 (金)

「宗教紛争は宗教が原因」 という端的に誤った観念 その2

前便「その1」は こちら

もうひとつ例があったのでご紹介

====================

「でも、宗教が必ずしもその人にとって有益とはかぎらないでしょう? この前の事件みたいに、宗教的信念のせいで生命を落とす人もいるし、キリスト教だって昔はひどく弾圧されて、殺された人も多かったんでしょう?」

「まったくその通りです。昔から宗教はしばしば虐殺の原因になってきた。キリスト教徒とイスラム教徒、カトリックとプロテスタントが、何百年も血で血を洗う闘争を続けてきました。今も世界のあちこちで宗教的対立が原因の殺し合いが続いています。アイルランド、ボスニア、スリランカ、ティモール……」

山本弘 『神は沈黙せず』 上巻,角川文庫,220頁



====================

この部分で明らかなように、「宗教紛争は宗教が原因」という端的に誤った観念は

二つの認識に起因するもんです

  1. 小集団、もしくは1名以上の個人による「宗教的信念」にもとづく特定の犯罪行為を 数十万~数億の人たちが 何十年にもわたり苦しめられる、大規模な「紛争」と混同すること
  2. 古代から現代まで、世界各地における各種紛争を 無条件に一範疇におさめてよいと判断すること

これらの点がまさに当てはまるということから

このテキストは実に典型的、 ないしは症例的なんであります

« ミメーシスの未知の空間、あるいは予期不可能な未来 | トップページ | [ワークショップ] 新しい文化=経済圏のつくり方――新しい食・肉・文化をもとめて »

01A 宗教学」カテゴリの記事

01B 宗教政治学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137899/59171067

この記事へのトラックバック一覧です: 「宗教紛争は宗教が原因」 という端的に誤った観念 その2:

« ミメーシスの未知の空間、あるいは予期不可能な未来 | トップページ | [ワークショップ] 新しい文化=経済圏のつくり方――新しい食・肉・文化をもとめて »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ