« 2014年3月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年4月の記事

2014年4月22日 (火)

[ワークショップ] エコノミー、ミメーシス、エコノミメーシス

新企画ライン 第3弾は 「哲学」ッ! 皆さんのご参加、お待ちしております
 ・ 第1弾は 「映画」 でした (140302 開催済み)
 ・ 第2弾は 「食」 でした (140426 開催済み)

※ 16時半から17時のあいだにセッションが終了します。その後、18時まで 参加者の交流会をもちます。どうぞふるってご参加くださいませ。

※ 企画運営は 「エコノミメーシス R&D」。 この 「エコノ…なんとか…RD」 という集まりは 「藝術の宗教学 研究会」 を改名したものです

====================

エコノミメーシス R&D 第5回 ワークショップ 》


      エコノミー、ミメーシス、エコノミメーシス


日時 2014年5月17日(土) 14時-17時
           セッション終了後、18時まで 参加者の交流会をもちます

場所 日本女子大学 目白キャンパス 新泉山館 大会議室 ⇒ マップ

公開・参加費無料

パネリスト
  ・ 佐々木雄大 (玉川大学)
     ※ 「エコノミーの概念史 ― 配置・操舵・態勢」
  ・ 宮崎裕助 (新潟大学)
     ※ 「ミメーシス、エコノミメーシス
         ──カント/デリダにおけるミメーシス論の脱構築」
  ・ 近藤光博

ファシリテータ
  ・ 中尾勇太 (㈱ スサビ)

趣旨

 「エコノミメーシス」(economimesis)は哲学者ジャック・デリダが提唱した概念である。エコノミーとミメーシスという二つの語を合成したものだ。ここでエコノミーとは、端的には貨幣経済や商取引を指す。またミメーシス(「模倣」)とはとくに藝術を、より広くは人間の表現活動全般、さらには人間の生の諸活動と諸傾向一般を指す。

 すなわち「エコノミメーシス」とは、人間の生の諸相が一連なりに、しかしてまた同時に、それぞれの領域を(例えば藝術、経済などのように)分節させつつ起動している様を指す言葉なのである。

 私たち「エコノミメーシス R&D」は、こうした理解にもとづき、エコノミメーシスが豊かにあらわれる場をみずから創出し、藝術・経済・文化・貨幣などなどが《人間=社会=歴史》の可能態として互いを構成し合い、朗らかな運動体をなす様をともに愛でたいとの願いから生まれた。

 今回のワークショップでは、私たちに霊感を与えた「エコノミメーシス」概念を真正面からとらえなおしてみたい。「エコノミー」と「ミメーシス」をめぐり、西洋の思想・哲学がはぐくみ、この語へと縒り合されることになった幾本もの思索の筋、あるいは幾重にも積み重ねられ塗り重ねられた分厚い観念の層、これらを把握しなおしてみたい。 この作業には、良き導き手が必要である。今回お招きするお二人の若き哲学者が、その役割をお願いするに最もふさわしい方がたであることは、広く賛同していただけるところであろう。深く高い思索への導きを、ご参加の皆さんと共有できたらと願う。

公式サイト http://www.workshop.economimesis.com/

ツイプラ 【後日公開】

企画運営 エコノミメーシス R&D
主催    日本女子大学 文学部・文学研究科

====================

2014年5月17日 訂正2回目
2014年5月7日 訂正1回目

映画の宗教学 試論 ―《世俗》と《ホラー》からのアプローチ

映画評論「ミツコチャンネル」

YouTube でやっているわけですが

特別編として 講義風なのを二本上げてみました

去年の宗教学会で発表したものをベースにしてます

どうぞご覧くださいませ ( 'ヮ' )




2014年4月 8日 (火)

宗教学の突端へ

mittsko:

「宗教」を枠付けしなおすために「世俗」を検討しなおさなくちゃいけない…
これが宗教概念批判の結論のひとつだとしたら
宗教学は《宗教/世俗》を、すなわち《人間的事象の全体》を
(少なくとも一度は)考察の対象とすることになる

これは何学だというのか?

学説史的にはこれは、遅くとも19世紀前半からやり直し、ということになる

しかし、どのような「伝統」のうえでやり直すのだろう…?
その「伝統」は、どの場所の、どういった時点からのものなのだろう…?

これは本当にむずかしい問いだ
そして、宗教学がいま直接取り組まなきゃならないのは、この問いだ

image

mittsko:

「宗教の宗教学」でもなく
「世俗の宗教学」でもなく
「宗教と世俗のあいだの宗教学」でもなく

この二分法の向こう側にある文明論的な基盤としての
《人間=社会=歴史》(仮称)そのものへと直接切り込む――

そんな「宗教学者」を ボクはもとめてます

宗教概念批判が ごく簡単な形式論理のうえで要請してくるのは
そのことです

それが何学か、なんて もはや大事じゃありません

image

photo produced by JamesWilliamGlass-ARTS131

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter


読書メーター

  • mittskoの今読んでる本
  • mittskoの最近読んだ本

鑑賞メーター

  • 最近観たビデオ
    mittskoの最近観たビデオ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イーココロ

無料ブログはココログ